思いつくままに

毎日を楽しく豊かに過ごsitai。

季節を表す~二十四節季、雑節、七十二候

 こんにちはまめ助です。

 

季節を表す暦

先日、入梅が暦の上での梅雨入りとご紹介しましたので、ついでに暦の話です。

日本の暦には季節を表すものが3つあります。それが二十四節季(にじゅうしせっき)、雑節(ざっせつ)、七十二候(しちじゅうにこう)です。

 

日本人特有のこの季節へ趣が私は好きです。

四季はどこの国にもあるけれど、こんなに豊かな想いで表現をする国は他にないのではないのかな。3つのうち2つは中国発祥なのだけどね。どうだろう。

忙しい毎日、いつのまにか季節が過ぎてしまった、というのはもったいないことです。忙しい中でも季節を感じることは心のゆとりにも繋がりますので心に留めてみませんか。

 

 

二十四節季、雑節、七十二候のうちニュースなどによく登場するのは二十四節季でしょう。「今日は二十四節季の○○です。」などと聞きませんか?

雑節は先日ご紹介した入梅などのようにそれぞれの言葉(内容)はよく耳にするので実はよーく知っていて愛着あるものです。

七十二睺は聞きなれないので愛着わかないかもしれませんが内容を見ると日本人感性がフツフツと湧き出てきて面白いです。

 

 

二十四節季

立春春分立夏夏至・立秋・秋分立冬小雪・大雪・冬至小寒大寒など

よく耳にするものだけでもこんなにあります。

二十四節季は太陰暦を使用していた時代に季節を表すために古代中国で考え出されものです。1年の太陽の黄道上の動きを視黄経を24等分(15度区切り)されて期間ごとに名前が付けられています。

これは元々古代中国で考えだされたものなので日本には少し合わないところがあります。それを補足するために作られたものが雑節です。

 

雑節

節分・彼岸・八十八夜・入梅・土用・二百十日など。

これらに初午・盂蘭盆・大祓が加えられる場合もあります。

日本の風土や習慣から生まれた日本独特のものです。そのため今でも年間行事として良く知られているものが多いです。よく耳にするものだけでも以下のものがあります。

 

 

どうですか? 聞いたことあるのばかりでしょう?

 

七十二候

七十二候は二十四節季のそれぞれをさらに3つに分けたものです。

 

二十四節季×3=七十二候です。

 

そのため、七十二候それぞれは5日間程の期間になります。主に気象や動植物の状態を知らせます

例えば、6月11日~15日は“腐れたる草蛍となる(くされたるくさ ほたるとなる)”です。

6月16日~21日は“梅のみ黄ばむ(うめのみ きばむ)”です。

聞きなれないので、読めば分かるけどなんとなくしっくりしない、そんな感じではないですか?

 

二十四節季は古代中国のものがそのまま残っていますが七十二候は日本の気候風土に合うように各々の時代の学者たちによってその名が何度か変更されています。

 

それでも俳句の季語の中に古代中国で使われていたものの一部が残っているそうです。歴史を感じますね。最近、俳句に興味が出てきたので、そのうち調べてみたいです。

 

 

=補足=

明治以前に使っていた暦(旧暦)を“太陰太陽暦”と言います。

太陰暦は月の満ち欠けを基本とした暦で太陽暦は太陽の運行を指標とした暦です。この2つは当然ズレがあります。その差は3年でほぼ1か月です。その差を調整するために設けたのが“うるう月”です。そして“うるう月”をどこに挿入するのか決めるために使われたものが二十四節季です。季節が大きくずれないようにするためです。そのズレが補正された暦が太陰太陽暦で明治以前の主となる暦です。

 

暦を知ること

 

英語の勉強も大事だけど外国人と会話したいならば日本のことも勉強しておかないと恥かくこともある。親日家の外国人は日本のことをよーく勉強してくるから。知っておくと話のネタにもなるし。

知っていて損はないので覚えなくて良いから知って欲しいのです。これからちょくちょくご紹介します。

 

日々の忙しい毎日に季節を感じると生活に潤いが生まれますから見てもらえるとありがたいです。

今後、二十四節季や雑節は夏至半夏生小暑大暑、土用や七夕など忙しく続きます。

 

それぞれの詳しいことは、またその時にご紹介します。

 

長文になりました。

読んでいただきありがとうございました。

 

それでは、またです。