思いつくままに

毎日を楽しく豊かに過ごsitai。

ヨーグルトは体に良いのかな?

こんにちはまめ助です。


昨日、ヨーグルトゼリー作りながらふと考えてました。


ヨーグルトは本当に体に良いのかな?


ということで調べました。

ヨーグルトの栄養素

ヨーグルトは牛乳に乳酸菌を加えて発酵させたものなので牛乳と同じく非常に栄養価の高い優れた食品でタンパク質、脂質、ビタミン、ミネラルをバランスよく含んでいるとのことなのでやっぱり体に良いようです。


ヨーグルト効果でよく聞くものは“整腸作用がある腸内環境を整える”ではないでしょうか。

そしてその先にも様々な効果があります。


腸内環境を改善する

便秘や下痢を改善=整腸作用がある

免疫力向上・美肌・コレステロール低下・血圧低下などの効果に繋がる

ということのようです。

と言ってもヨーグルトが腸内環境を良くする理由についてはまだはっきり分かっていません。只今研究中です。新たな発見に期待したい。

ヨーグルトと言えば「乳酸菌が生きたまま腸まで届く」というCMの印象があります。でも実際生きたまま腸まで届くものは少量だとか。途中で胃酸などにより死滅させられるからです。ところが、この死滅したものも大切でいずれ善玉菌の餌となって善玉菌を元気にして悪玉菌をやっつけるのでやっぱりヨーグルトは体に良いのだ、というのが今のところの見解のようです。

“今のところ”としたのは今も日々研究は進められているので新たな発見があればこの見解もコロッと変わってしまう可能性があるからです。今言われていることが完全正解ではないということですね。

なので私たちはそれを踏まえて今良いと言われるものを取り入れないといけないのです。

ヨーグルトは体に良いのか悪いのか

ひとそれぞれ食べ方次第ということではないでしょうか。
ヨーグルトを食べるとお腹の調子が悪くなる人はあまり食べない方が良いでしょう。
大丈夫だという方も食べすぎると良くないことがあるかもしれません。健康診断で血中脂質が高めと言われた方はヨーグルトには脂質入っていますので食べ方には注意した方が良いと聞きます。
ところが日本人は全般的に乳製品の摂取量が少ないと言いますから乳製品摂取の1つとして摂るのであれば体に良いとなります。

ホットヨーグルトが良い

元々ヨーグルトは温めて食べるものだそうです。ヨーグルトが体に合わないなぁって方は温めて食べると大丈夫かもしれません。私は試したことがないので感想が言えません。
個人的には冷たい方が美味しいですね。特に暑い季節は。ちなみに冬に試した知人は食べやすくなって良いと言ってました。

改めて考えると私はヨーグルトを食べ過ぎかもしれません。手軽だし一度にたくさん作るのでついつい食べる習慣ができてしまった。毎日必ず、しかも少し大目に。
この機会に少し量を減らすとか反省して見直そう。

日本人にとってのヨーグルト

ヨーグルトについて1つ気になることがあるのです。もう10年以上前になると思います。栄養士の方だったと思いますが言われていたことです。
「日本人はこれまでの歴史の中で肉食をあまりしてこなかったので他民族よりも腸が長いからヨーグルトは腸を冷やすと思う。食べ過ぎはよくないのではないのかしら。」と。
ヨーグルトは肉食が向くそうです。昔に比べれば日本人も肉食にはなりましたがだからと言って腸が急激に変わるわけではないから注意した方が良いよということでした。
医療分野でも日本人と欧米人では腸の長さや厚さが違うというのを耳にしたことがあります。
もし、ヨーグルト食べているのに思った効果ないなっていう方はそろそろ違う手を考えてもいいのかもしれません。

私は毎日食べていますが可もなく不可もなくという感じです。まったく食べなくすれば今まで感じていなかった効果を実感するかもしれませんけど、まったく食べないは難しいので検証しません。

結論

ヨーグルトそのものは体に良いのでしょう。あとは食べる方の食べ方次第なのかな。そして、中には体にあわず悪い結果になることもあるようでした。


食べて健康って難しいですね、と一人納得した所で今回はこの辺で。



長々お付き合い下さりありがとうございました。


それでは、またです。