思いつくままに

毎日を楽しく豊かに過ごsitai。

6月21日は夏至

こんにちは、まめ助です。


6月21日は二十四節季の1つ夏至です。

夏至は春分・秋分・冬至と同じように昼や夜の長さで季節の変わり目を表しています。

夏至という字は『日長きこと至る(きわまる)』という意味です。言うまでもなく1年で最も昼が長く夜が短い日で正午の太陽の高さが1年で最も高くなります。
これは北半球から見た話で太陽が最も北に位置するため北半球に太陽が当たる時間が長くなるため起こる現象です。

夏至の風習

日本では何となく過ぎ去りますが日照時間の短い北欧の方では祝日になっていてクリスマスと同じくらい盛り上がるのだそうです。

田植えがほぼ終わる時期なので豊作を祈るための神社の夏祭りがこの日から行われるところが多いようですが最近は夏祭りをあまり見なくなったというか存在が薄くなったので実感がありません。

冬至はカボチャを食べるなどの習慣が全国的に広まっていますが夏至には冬至のような日本中に伝わった風習というものを知りません。所々にその土地独特の風習はあるようですが。
日本では日照時間の長い地域が多いため日が長くなったことを喜ぶ・祝うというよりは「暑くなるのか、嫌だな」の思いの方が強いからでしょうか。

もし、お読み下さった方の地域ではこんな風習がある、というのがありましたら教えていただけると勉強になります。

日の出。日の入り

日本では夏至の1週間前ごろの日の出が最も早く1週間後ごろの日の入りが最も遅いそうです。
ということは、あと1週間で日の入りはどんどん早くなり日の出はどんどん遅くなっていくのですね。もう冬へ向かっている。嫌だな。今年も半分過ぎたのですから、そんなものか。

ちなみに、1年で昼が最も短い日は冬至と昼の時間の長さを比べると約5時間も差があるそうです。あと6ヶ月ほどで5時間短くなる。せっかく明るい時間が長いのだからもっと有効活用したいな。


夏至が一番暑くならない理由

昼が長く長い時間太陽に当たるのだから必然的に昼の長い夏至が1年の気温のピークになるような気がしませんか? でも、日本の場合は夏至に梅雨の時期が来るのでそんなに暑さを感じないのだそうです。ムシムシしますけどね。
ところが、例え夏至と梅雨が合わさらなくても暑さのピークは7~8月頃になるのだそうです。実際、梅雨のない北海道でも暑さのピークは夏至から1~2か月たったお盆の頃です。やっぱり暑さのピークはお盆のころになるのですね。何故だろう。

気温が上がるしくみを知る

地球に太陽の光が当たるとまず地面が暖められます。そして地表の温度が上がってくることでその熱が空気に伝わり気温が上昇します。そのため、太陽の光が当たったからと言って一気に気温が上昇するのではなく上昇までに時間がかかるため上昇ピークは後ろへずれるのです。これは1日の気温の上昇と同じですね。1日の最高気温は日射量が最も多い12時よりも1~2時間遅い時間帯になることが多いです。それと同じかな。


うん、そっかそっかと一人で納得したところで今回はこの辺で。



長々お付き合い下さりありがとうございました。


それでは、またです。