思いつくままに

毎日を楽しく豊かに過ごsitai。

夏越の大祓(なごしのおおはらえ)

 

こんにちはまめ助です。

 

もう今年も半分が過ぎようとしています。早いものです。

1年の折り返し地点ですので、今日は「夏越の祓」のお話です。

 

夏越の祓

6月30日に多くの神社で夏越の祓が行われます。厄祓いの行事です。

厄祓いの行事には6月晦日の“夏越の祓”と12月晦日(大晦日)の“年越の祓”があり半年に一度行われ、それぞれお盆や新年を迎えるために心身を清めます。どちらも大切な節目の行事です。

 

人は毎日の生活の中で罪や穢(けがれ)を生じます。そのため、穢れを祓って無病息災を願うのです。

 

祓の起源

古代日本に遡ります。第14代仲哀天皇崩御されたときに「国の大祓」を行ったと古事記に記されていて、それが始まりと言われます。その後、平安時代初期に作成された『延喜式』に6月と12月の大祓が記されていますので、その頃には宮中行事として定着していたようです。

それが夏になると疫病や災難が多かったことから夏を無事に越せるようにと願う民間にも広がり、近年に五穀豊穣を祈る夏越祭となりました。

 

夏越の祓で行うこと

茅の輪くぐり(ちのわくぐり)

茅の輪が夏越の祓の期間中に神社に設置されます。茅の輪をくぐります。その中を「水無月の夏越の祓する人は、千歳(ちとせ)の命延(の)ぶというなり」と唱えながら8の字を書くように3度くぐり抜けます。そうすることで厄を祓い病気や災いを免れることができると言われます。

やり方は覚えなくても大丈夫。詳しくは神社にやり方が書いてありますので安心してください。

  

「茅の輪くぐり」の由来

蘇民将来の故事に基づいているそうです。

昔々のお話です。ある兄弟が住んでいるところに旅人が1人やってきて一夜の宿を乞いました。兄は裕福でしたが旅人を冷たく断ります。弟の蘇民将来(そみんしょうらい)は貧しかったのですが旅人を受け入れて温かくもてなしました。数年後、旅人が恩返しにと再び蘇民を訪れます。実はこの旅人はスサノオノミコトで、その教えに従って茅の輪を腰に付けたところ疫病から逃れられ子々孫々まで繁栄したということです。

家の玄関に「蘇民将来札」という札を貼って厄除けにする風習もこの故事に由来します。

 
人形代(ひとかたしろ)

人の形を模した紙を見たことある方もいらっしゃるのではないでしょうか。これを人形と言います。人形には自分の名前や年齢を書いて穢れなどを移した身代わりとして川に流したり焚いたりして身を清めます。

 

水無月

水無月は白い外郎(ういろう)の生地に小豆をのせた三角形のお菓子です。6月の和菓子として有名ですね。三角形は「氷室(ひむろ)」の氷のかけらを表し、小豆には邪気を祓う力があるとされます。

食べることで邪気を払います。

 何処の神社に行く?

どこに行かなければならないということはないと思います。

ですが、有名な大きい神社の方が良いと思われる方が多いので、できれば地元の地域を守られている神社へ行かれることをお薦めしたいです。常日頃近くで見守ってくださるのは地元の神々ですから。 

といいつつ、いくつか名越の祓を行う神社をご紹介します。名越の祓を全く知らないって方は見てみてください。こんな感じで行われるというのがなんとなくわかります。

神田明神

http://www.kandamyoujin.or.jp/event/detail/?id=12

上賀茂神社

http://www.kamigamojinja.jp/topics/2011/2011_nagoshi.html

筥崎宮

http://www.hakozakigu.or.jp/omatsuri/nagoshisai/

 

このような行事は長い歴史の中で生きてきた人々が必要と感じて行っていたものです。特効薬ではありませんが、どこかで守ってもらえるものなのかもしれません。

信じるも信じないも貴方次第ですが私はお薦めしたいです。

ご利益と言うものだけではなく季節を認識する術として。

季節を感じて生きられるって幸せなことだから。

 

忙しい中と思いますが是非是非どうぞ。

 

みなさんにより良い日が訪れますように🌠