思いつくままに

毎日を楽しく豊かに過ごsitai。

朝のビタミンCはシミになる~ソラレンって何?~

 

こんにちは、まめ助です。

先日のTVで、朝のビタミンC摂取は日焼けの素になりシミを増やすと言っていました。どの番組だったか忘れてしまったけど。

 

ビタミンCといえば肌に良い栄養素でシミに効く・色白になれるなどの美容効果があるというのは誰もが知ることですよね。

 

なのに、それが突然シミの素と言われても困ります。

 肌に良いという定説はどこにいったの?と気になったので調べてみました。

 

f:id:mamesukeing:20170715164157j:plain

結論から言いますとビタミンCは悪くありません。ビタミンC自体はやっぱり肌に良いです。紫外線吸収もないそうです。

 

シミを助長するのはソラレンという物質です。

ビタミンCを豊富に含む食品にソラレンを含むものが多いのでそう言われたのが原因のようでした。

 

🐶 一安心です。

 

せっかくですからソラレンの話を

ソラレンは紫外線を吸収する特徴があり紫外線に対する肌の感受性を強めるので日焼けしやすくなるのです。ですのでソラレンを摂取したら日焼け止めを塗ったとしても肌は焼けやすいということなのです。

 

どのくらい摂取したらダメなのか、どれくらいならセーフなのかは分かりませんでした。

ですので、今の所は朝は食べない方が良いみたいです。

  

ソラレンを含む食品

野菜類

セロリ、パセリ、胡瓜、紫蘇

 

果物類

レモン、オレンジ、グレープフルーツ、キウイ

 

🐶 朝のジュースを作るレシピの中に出てきそうな材料ですね。

  気を付けなければ。

 

ソラレンを含む食品は絶対食べない方が良い?

これらの野菜や果物は焼けやすくなるからといって食べてはいけないというわけではなありません。食べる時間さえ気をつければ良いのです。

紫外線を浴びる可能性がある時間帯は避けましょうということです。

ソラレンの作用は食後2~7時間ほどですので朝食やランチには食べない方が良いみたいです。食べるなら夕方以降にすれば良いですね。

  

夜食べて肌をきれいに

ソラレンを含むとは言え、オレンジやレモンに含まれるビタミンCは日焼け後の肌のダメージ回復や健康な肌を作るために欠かせないものですから夕方以降に効果的に摂取したいですね。

 

ソラレンがないビタミンCを含む野菜・果物

 野菜

ほうれん草、青梗菜、レタス、など。

果物

バナナ、りんご、ぶどう、いちご、なし、など。

 

朝ビタミンCを摂るならばソラレンが入っていないものを食べれば安心です。

 

製油にも日焼けしやすいものがある

製油にも微量ですがソラレンと同様の作用を持つとものがあると言います。

ベルガモット、アンジェリカ・ルート、レモン、グレープフルーツの4種には注意が必要のようです。その他のものはあっても微量と言われています。

柑橘系の名が入る商品でも抽出法や使用する材料を変えることでソラレンのような作用がないものにしてあるそうですが、気になる方はその商品毎に購入の際にお店の方にお尋ね下さい。商品や製造元によって状況が変わる場合もありますので。 

 

アルコールも日焼けに注意

意外な落とし穴ですがアルコールも日焼けの大敵です。これから屋外で飲むこともあると思いますが、アルコールが体内に残っている状態の時は日焼けしやすくなると言われています。屋外で飲む時、飲んでから外に出る時は注意が必要ですよ。

 

楽しいとつい忘れてしまいがちですから特に。

🐶 まめ助も気を付けます。

 

これから夏本番。日焼け注意報はこれからですので、食べるものにも注意したいですね。

 

では、またです。