思いのままに

暦に導かれ毎日を豊かに過ごしたい

今日は地蔵盆です。

こんにちは、まめ助です。

 

f:id:mamesukeing:20170723224205j:plain

 

今日は地蔵盆です。

地蔵盆ってご存知ですか?

夏休み最後のイベントとして各地域で行われるのですが聞きなれない方もいらっしゃるのではないでしょうか。

まめ助にとっても知っていそうでよく分からないものでしたので調べてみました。

 

京都生まれの行事と言われ近畿地方では古くから行われてきたそうです。近畿、中部、九州地方などで行われますが何故か東海や関東ではほとんど行われていないそうです。 

 

地蔵盆とは

子どもたちの無病息災を願う行事です。お寺にある地蔵菩薩ではなく道祖神信仰と結びついた道路などにある辻地蔵が対象です。

 

近所のお地蔵様を洗い清めて化粧をして新しい前垂れを着せたりして飾り付け、灯籠を立て、お供えをして祀ります。そしてそこに子供たちが集まり賑やかに過ごします。盆と付く行事ですがお盆とは違う雰囲気の行事です。

 

いつ?

本来、地蔵盆は地蔵菩薩の縁日の毎月24日を言うのですがその中でも特にお盆に近い旧暦7月24日を指していますが、

近年は8月23、24日を中心に行事を行われることが多いみたいです。準備する側の都合に合わせて近い日の前後の土曜や日曜にかけて行う所もあります。 

 

起源

京都発症ですがその起源についてはいくつか説があるもののこれという決め手となるものがないようです。

 

1つめの説

親に先立ってなくなった子供たちを哀れに思った地蔵菩薩が子供たちを親の代わりとなって救うと誓ったという話から町の辻に子供の幸せを祈って地蔵菩薩を立てたという民間信仰が広まって始まったというものです。

 

2つ目の説

これが一番よく聞く気がします。

平安時代に小野篁(おののたかむら)という歌人がいました。

 彼は昼は朝廷に仕え夜は地獄の閻魔大王の仕事を補佐していたという話が残る人物です。

 ある時、閻魔大王が地獄で苦しむ死者に代わって自身の体を地獄の火で焼いているのを彼は見ます。この閻魔大王、実は地蔵菩薩でした。

地蔵菩薩はあらゆる人を救済する仏ですから地獄にいる人も救済します。この時も閻魔大王となって人々を救っていたのですね。

これを知った小野篁はこの閻魔大王となった地蔵菩薩様を救うために供養をしました。これが地蔵盆の始まりというものです

 

3つ目の説

詳細は不明ですが道祖神信仰や愛宕信仰に関係して始まったと言われます。

 

お地蔵様とは

お釈迦様が入滅してから未来仏の弥勒菩薩がこの世に現れるまでの間は現世に仏が不在となります。この間、地蔵菩薩は六道(人道・地獄道・餓鬼道・畜生道・修羅道・天道)全てに行かれて人々を救済するのだとされます。

 阿弥陀信仰と結びついて地蔵信仰が庶民に広がり村を守るとともに地獄の鬼から子供を救う子供の守護仏なりました。

 

そして信仰の広がりとともに道端にも石地蔵が置かれるようになり、今でもあちこちで見るのです。

 

子どもが主役の行事です

地蔵盆は子どもたちの行事です。お祀りしたお地蔵様の前に集まってお菓子を食べながらゲームをしたり福引きをしたりして過ごします。

また、お接待と言って子どもたちがお地蔵さん巡りをして町の人からお菓子を頂きます。 

🐶 これが子供にとっての何よりの楽しみです。

 

数珠繰りや数珠回しといって玉が大きくて長い数珠を子供達みんなで回す儀式もあります。これは大人もその輪の中に入って自分たちも経験した思い出を胸に子どもたちと一緒に数珠を回します。大阪では地蔵盆には地車がでるそうです。

🐶 これは知らなかったです。

 

また、提灯を吊るして期間中に盆踊りを行ったり花火大会があったりもします。

地蔵盆が終わると夏休みも残りわずかです。宿題が気になるころでもありますね。

 

f:id:mamesukeing:20170723224233j:plain

関東には定着しなかった地蔵盆

京都では室町時代に地蔵盆が大流行したため地蔵盆が定着しましたが東京ではお地蔵さんが作られるようになったのは江戸時代になってからです。ちょうどその頃、江戸では稲荷信仰が盛んでしたので地蔵盆は定着しなかったようです。

 

地蔵盆は子供のころは地蔵の祭と言っていてただただ楽しいものでした。大人になると夏祭りという意識に変わり今回調べて改めてこの行事の奥深さを知りました。

昔から行われていたことは今でも知らず知らずに受け継がれているのですね。 

 

調べてみて良かったです。

 

では、またです。