思いのままに

暦に導かれ毎日を豊かに過ごしたい

果物食べてますか?

こんにちは、まめ助です。

 

突然ですが果物を毎日食べていますか?

 果物は1日200g摂取することが推奨され、これを推進するために毎日くだもの200グラム運動というものがあるのですがあまり知られていないようです。知っていますか?

 

毎日くだもの200グラム運動

平成12年3月に文部省(現文部科学省)、厚生省(現厚生労働省)、農林水産省が決定した食生活指針で「健康のため野菜と同様に1日に200g以上の果物を食べましょう」ということを推進する運動です。

 

www.kudamono200.or.jp

果物は野菜と同じく生活習慣病の予防に不可欠なものです。果物は太りやすいというイメージがあるのですがダイエットをサポートしてくれるビタミンや食物繊維を豊富に含みますのでダイエット中も1日200g食べることが薦められています。

 

 200gとはどのくらい?

目安は次の通りです。

・バナナ=1本

イチゴ・ビワ6粒

グレープフルーツ・リンゴ・なし1個

みかん・柿・キウイ桃2個

ブドウ1房

 

 3食の中で分ければ食べられる量ですよね。

果物の栄養、野菜の栄養

果物は水分や食物繊維の他にビタミンやミネラルを含み体内の余分なナトリウム(塩分)を体外へ排出させる働きがあります。これだけ聞くとなんとなく野菜と似ている気がしますが野菜と果物ではビタミンやミネラルの種類が異なります。

果物のビタミンは主にビタミンC、ミネラルは主にカリウムです。野菜ほど種類が豊富ではありません。また、糖質や有機酸(クエン酸・酒石酸・リンゴ酸・コハク酸)が高いです。そのため果物を野菜の代用にはできません。取りすぎ注意の食材の1つです。

なお、果物に含まれる食物繊維は水溶性食物繊維です。これは糖質の消化管での吸収を遅らせる作用があるので急激な血糖値の上昇を抑えます。また、コレステロールの吸収抑制や胆汁酸の吸着・排泄の作用があるので食物繊維を適切に摂取量することは心疾患発症リスクを低くするという報告があります。

 

 野菜は野菜、果物は果物と考えてどちらも摂取することが大事です。

 

 摂取する時間

果物は短時間でエネルギーになるので夜よりも朝や昼に食べる方が良いようです。

🐶 夜食べると余分なエネルギー体内に貯まってしまう?

  体内にたまれば太る原因にもなりますね。

 

また、最近の果物は糖度の高いものが多いので食べ過ぎは要注意と言います。

🐶 糖度が高いものは美味しい。

  でも体のことを考えると食過ぎは良くないですね。

 

果物を食べる時の注意点

ドライフルーツやシロップ入りの缶詰は生の果物に比べて糖度が高いです。これらは菓子類と同じ分類に考えて食べましょう。

ちなみに果汁100%のジュースは糖分が高い上、食物繊維の効果は期待できないそうです。

🐶 飲料の糖分は吸収が良いので太りやすいと聞いたことがあるな。

   果物を摂取するなら加工前ですね。

 

 血糖値は血中のブドウ糖の濃度なので果物を食べたからと言って果糖が直接血糖値を上げることはありません。しかし果糖は肝臓でブドウ糖に変換されますので過剰に摂取すると血糖値を上げる原因になります。

ちなみに糖質過剰になると肝臓で中性脂肪が合成されますので高中性脂肪血症となる可能性があります。

 

 

果物は体に良いと言うだけでなく何より美味しいです。我が家は朝食のデザートとして食べることが多いです。切らせることがほぼありません。何もない時はバナナを入手します。 

f:id:mamesukeing:20170728105740j:plain今日は先日知人から頂いた小マンゴーを💓

持って帰ってすぐに食べられてしまってもう目に見えて減っていた💦

熟れ熟れのものを冷やして頂きました。

f:id:mamesukeing:20170728111834j:plain

 とっても甘くて美味しいです。お店では大きい方のマンゴーしかお目にかかりませんが小マンゴーも売っているのかな。

🐶 何処かにはありますよね、そりゃ。

 

畑には果物も豊富なのでいつもなんやかんや食べてます。

次はこれがやってきます。ブドウです。ブドウ植えてある所けっこう多いですね。特に産地ではないのですけれど。そこそこ良いものができます。

f:id:mamesukeing:20170728112154j:plain

 楽しみです😃

 

最近はスーパーやコンビニにカットしたものが売られていますので少人数のご家庭はそちらの方が手がかからず食べやすいかもしれません。

スイカのようにゴミが多く出るものはこの時期には敬遠されているみたいですし。

 

 美容にも良い果物を心がけて食べてみましょう!

 

では、またです。