思いつくままに

毎日を楽しく豊かに過ごsitai。

海水浴では離岸流に注意を。

 こんにちは、まめ助です。

 

離岸流って知っていますか? 

毎年のように離岸流が原因と思われる海の事故を聞きますが今年も発生しています。まだ夏休みは続きます。

海水浴へ行かれる方はくれぐれもご用心ください。

 

f:id:mamesukeing:20170813230935j:plain

 

海上保安庁からの情報です。分かりやすいです。

離岸流

 

離岸流とは

海岸の波打ち際から沖合に向かってできる流れのことで10~30m前後の幅で生じる局所的に強い引き潮のことです。

引き潮つまり沖へ流されてしまうため慌てることで事態が悪化します。

 

何故できる?

海の波は砂浜に寄せては引くという単純なものだけではなく海岸に向けて押し寄せるものもあれば海岸と平行に流れるものあり、また沖に向けて流れ出したりもします。この複雑な流れの結果、岸から沖に向かって強く流れ出した流れが離岸流です。

 

離岸流ができやすい場所

砂浜にできる離岸流の位置はいつも決まっているわけではなく変わるので特定は難しく一度できてもすぐに場所が変わることもあり一定ではないようです。

 しかし、沖に向かって突き出した堤防のような突堤や海岸線と平行に沖に設置した離岸堤の脇は要注意と言われます。遊泳禁止の所も多いです。

何故かというと沖の流れが突堤や離岸堤にぶつかることで流れが変わり打ち寄せた波が沖に向かって流れ出していくことで離岸流が生じやすいのです。

 

突堤も離岸堤も砂浜海岸などの浸食を防ぐために設置されるもので傍に砂浜が広がっていますが離岸流に要注意の場所なのです。

 

見た目で分かる離岸流が発生している場所

他のところは白波が立っているのに一部だけ波が立っていない場所があればそこには離岸流が生じている可能性ありますので注意しましょう。

ちなみにサーファーがいても離岸流が発生している可能性あるそうです。サーファーは離岸流を利用するからです。人が多いからと言って気軽に近づくと危険です。

また、ゴミの漂着が多い所は離岸流で流されてきた可能性があります。

 

もし流されたなら

波に逆らって岸へ泳ごうとしても無理なので無理をして体力を消耗させないで自然に流されて落ち着いて、まずは救助を待ちましょう。

そして、離岸流の幅は20~30mなので離岸流から抜けたところ(沖への名がらえがなくなった所)で岸に向かって斜め45度に泳ぐのだそうです。

 

パニックを起こしてあがくことが一番危険だそうです。

🐶 でも流されて冷静でいられる肝の座った人はなかなかいない。

  しかし、これを頭に入れておくことは大事なのかな。

 

まずは確認

海水浴に行く前に遊泳禁止になっていないかなどを確認ましょうね。

 

お盆を過ぎたら海に入ってはいけないという言い伝え

 

お盆過ぎたら海に入ったらダメと言われたことありませんか?

理由は土用波とクラゲだと言われます。

クラゲはお盆過ぎると多くなるということは聞いたことありますよね。

土用波はお盆を過ぎたころに沖からのうねりが大きくなって起こる大きな波のことです。この波はとても危険なので泳いではいけないと言われたのです。

昔からこの時期は海の事故が多かったようです。台風の発生時期でもありますので特に当時は予想の付かない大波には苦労したでしょう。そのため気を付けるように注意していたのですね。

 

今も昔も変わらない心と自然の脅威です。

 

 

楽しい時間を楽しく過ごせるよう、どうぞお気をつけ下さい。

 

 

では、またです。