思いつくままに

毎日を楽しく豊かに過ごsitai。

常温や室温って何度でしょう

こんにちは、まめ助です。

 

まだまだ気温の高い日が続きます。食品の保存に気を使う季節が続きますが、食品の保存条件をみると室温や常温と記載されているものがありますよね。

夏は日中の気温が30、夜でも25を超えることが多い近年。この温度を室温と言って良いのかという疑問がわきます。室温や常温が何℃なのかって知っていますか?

 

食品の保存条件の中でも冷蔵や冷凍はほぼ察しがつきますし冷蔵庫に任せますので特に考えませんが気になりませんか?  

ということで、調べてみました。

 

食品衛生法とJAS法に定義はありませんでしたが日本薬局方に記載がありました。

※JAS法の正式名称は「農林物資の規格化及び品質表示の適正化に関する法律」です。

日本薬局方

日本薬局方は日本で定められた医薬品の規格基準書です。厚労大臣が薬事・食品衛生審議会の意見を聴いて法律第41条を基に定めます。

www.mhlw.go.jp

 

日本薬局方の室温、常温ついでに冷所の定義は以下の通りです。

 常温 15~25

室温  1~30

冷所  1~15

 

この基準を満たすならば常温も室温も25℃を超えてはいけません。

ということは、家の中での放置は室温でも常温でもなくなりますね。ということで、近年いろんな食品が冷蔵庫で保管した方が良いと言われるようになってきているのでしょうか。

 

食品衛生法とJAS法では以下の基準は定められています。

冷蔵  10℃以下(食品衛生法)

冷凍  -15℃以下(食品衛生法)

チルド 5℃(JAS法)

※用語が冷蔵だったり冷所だったりしますがそれぞれの法で使われている用語が反映されているだけですので意味は同じです。どちらも冷やす場所

家庭用冷蔵庫の設定温度

家庭用の冷蔵庫は以下の温度設定になるように製造されているそうですよ。

冷蔵室・・・・・・ 3~5

ドアポケット・・・ 6~9

冷凍室・・・・・・ -18

野菜室・・・・・・ 5~7

パーシャル室・・・ 3

チルド室・・・・・ 0

 

冷たくしなければいけないものは規定がしっかりあり機器もそれに対応しているのですね。やっぱり、室温保存のものが気になります。

 

そこで、以前は室温・常温保存だったものが近年冷蔵庫に入れましょうと言われるようになったものを挙げてみました。 

 

f:id:mamesukeing:20170820164932j:plain

 

冷蔵庫に入れた方が良い食品

醤油

常温で放置すると酸化して風味が悪くなるそうです。そんな醤油を使えば料理の美味しさも半減しますよね。

冷蔵すると酸化を遅らせることができるので絶対に冷蔵保存が良いです。今ではほとんどの家庭が冷蔵していると聞きます。

 

粉類

未開封のものは常温で大丈夫ですが、開封したものは絶対に冷蔵庫で保存です。問題なのはダニです。うちは大丈夫よと思っていてもそれは見えていないだけでしょう、きっと。

粉類の袋をさらに別の袋に入れたりタッパーに入れるなどしても絶対的な効果はないようでダニは入ってきています。

このダニは粉ものに住み着くコナヒョウダニで口に入るとアナフィラキシーショックを起こすことがあります。

アレルギーは平気な人もいれば敏感に反応する人もいます。また今は平気でも摂取し続ければアレルギー反応を起こす可能性があります。

今のうちに冷蔵保存に切り替えましょう。できれば新しく開封して。

 

常温保存だと2ヶ月程で酸化して風味が落ちるそうです。今の暑さであれば玄米も冷所が良いようですよ。おかげで冷蔵庫が満員御礼になります。

我が家の米は親戚が作っているので実家で玄米を冷所保存して、それを食べる分だけ精米して持って帰り冷蔵庫に入れます。なので比較的少ない量を保存することで済むのですが、それでも場所をとります。

 

バナナ

意外だったのですが冷蔵で保存期間を長くできるそうです。まだ黒い斑点が出る前にラップで包んで冷蔵するのが効果的です。

 

入れなくていいもの

インスタントコーヒー、日本酒、みりん、酢、梅干し、バター、塩、砂糖、土の下で育つ野菜類

 

基本的に水分が少ないものや塩分やアルコール度数の高いものは冷蔵保存しなくて良いそうです。いまのところ。もっと気温が高くなったら変わるかも。

 

梅干し

塩分濃度次第です。ハチミツなどが入っているものは冷蔵保存です。

 

殺菌力が強いので基本的には腐りませんが酸化することはあります。暑い時期は冷蔵保存したほうが鮮度は落ちにくいと思います。

なお、ポン酢など酢以外のものが混じったものは開封後は常温だと腐るおそれがありますので冷蔵庫へ入れましょう。

 

 根菜類

気温が高いと持ちが悪くなります。その時は新聞紙などで包んで冷蔵庫へ。直接の冷気は良くなく乾燥もします。

 

冷凍保管可能なもの(定番)

パン、パン粉、納豆、インスタントコーヒー

🐶 水分が少ないものは向きますね。

 

冷凍保管可能なもの(個人的に)

バター、味噌、ニンニク

 

ニンニク

まるごと冷凍して大丈夫です。切ると断面が増え劣化しやすくなるので丸ごとが良いです。その方が風味が損なわれません。

ちなみに生姜は水分が多いので向かないようです。

ニンニクも生姜も短期間であればすりおろしたものを冷凍できます。でも、それくならチューブものでも良いかな。

  

バター

保存の適温は2~6℃です。海外では室温保管する所もありますが日本のように高温多湿の気候では溶け出たり酸化するので冷蔵保存になるのですが長く置きたいならば冷凍保存でも良いそうです。ラップで包んで冷凍します。

 

味噌

冷凍保存できますが塩分濃度によっては味噌自体は凍りません。味噌は約-30℃で凍るので家庭用冷蔵庫では凍らないことが多いそうです。それでも保存期間はのばせるのだとか。ラップで包んで冷凍します。

 

 

色々あり、まだまだ情報は出てきそうです。残暑はまだまだ続くそうですから、も少し冷凍実験しようかな。良い結果がなかなか出ない。

でも、失敗は成功の母なり、です。

 

 では、またです。