思いのままに

暦に導かれ毎日を豊かに過ごしたい

処暑(しょしょ) 

こんにちは、まめ助です。

 

 2017年は8月23日は二十四節季の一つ処暑です。

 

これには暑さが落ち着いて収まるという意味があります。

また、立秋から数えて15日目頃の穀物が実り始める頃と言われるのですが最近の気候のおかしさはどうしようもありません。

 

北日本・東日本は冷夏・長雨、西日本は夏が二倍の暑さ。30度越えが当たり前でむしろ30度くらいなら涼しいと思ってしまう。それでも夏らしくないよりは良いのかもしれないと思う今日この頃です。

 

この夏通して大変なのは北日本・東日本ですよね。1カ月程前は少雨の水不足で作物が育たないと悩み日や週単位で変わる気温の変化で体調をくずう人も多いという状況でした。そして今は冷夏・多雨で悩み実りの季節の作物にダメージが。

そしてこれから気温が上り夏らしい気候になるという。今ごろ?って感じです。処暑で暑さは収まるはずなのに🐶

 

突然の気温の上昇は体がついていかず熱中症になりやすいとか、ご注意下さいね。

 

こんな気候ですから野菜が高くなるのは当たり前です。我が家の畑もお悩み中。日差しが強すぎるからか実がならないみたいです。楽しみにしていた南瓜は実が大きくなる前に落ちてしまっています。例年豊作すぎて困るキュウリやゴーヤですら実りがにぶく大きくなる前に熟れすぎてしまうので早めに収穫するので何だかひ弱な感じ。元気なのはオクラとなナス。今のところ。

ジャガはいつもよりかなり小さいとボヤく爺さま婆さまです。

育たない所もあるのだからあるだけいいじゃん、と言うまめ助に負服そうです。まめ助にとっては色んな合間を縫って育ててくれているだけで満足。ワガママは言いません。

f:id:mamesukeing:20170822140342j:plain

昨日も 通常の半分もない収穫なのでローズマリーが添えられてお持ち帰りされました。と言っても、夕食に半分ほど使った残りなのでそんなに少ない量ではないと思うのだけれど。一番納得していないのは作った本人たちです。

この気候だから仕方ないよ、と宥めても納得しない。いつもお風呂に入った後に何か策はないかと調べているようです。

無理しなきゃ良いのだけど。働きものの性分なので休むということを知らない方々です。

「農家はね、遅く寝て早く起きるのが当たり前よ。早く寝るなんてもったいない」と言う。

 🐶 農家じゃないから早く寝てもいいのだよ、と思うけど。

  

今年は果物の方が元気みたいでブドウは豊作。

これからどんどん食べられます。味見用が届き、味見で全員のOKが出たのでお盆などでお世話になった方々や親戚のお家に配られます。

季節の挨拶として。皆楽しみにしているのでかかさずお届けします。不作の時は1房だけでも送ります。

f:id:mamesukeing:20170822140945j:plain

 配り終わってからが我が家の食べる時ですが、これから台風のシーズンに突入するとダメになってあまり口に入らない時もあります。台風が来ないことを祈念!

 

台風が心配

台風は日本に来る来ないは別として毎年24,5個発生すると聞きます。ということは今、台風13号なのであと10個ほどできるということ。

そして今年のような季節の時は秋台風が多くなるのだとか。嫌ですね、と言っても避けられませんものね。

台風が来ると秋冬野菜に被害が出ると今後も野菜の高騰は続きます。

 

やっぱり台風が来ないことを祈念!

 

昔の飢饉はこうして起こっていたのだろうな、と実感します。

今は天気予報でいろいろ教えてもらえるけど当時の人はさぞ不安だったでしょうね。

 

でもね、昔の農家も大変だったと思うのですが今の農家さんたちも大変です。気候に振り回されるから。

野菜やお米の高騰も心配だけれど、国産の野菜やお米が保てるかの心配もして欲しい。農家を支えることもも少し考えないとなくなってしまうんじゃないか、と。この頃よく思います。

 

我が家は家庭菜園レベルだから諦めがつきます。

でも農家さんはせっかくずっと働いて丹精込めて作ったものがなくなるのですから失望感ハンパないでしょう。しかも生活がかかってますから。

 

この異常な気候が少しでも早く元に戻ってくれる事を願います。

 

 

では、またです。