思いつくままに

毎日を楽しく豊かに過ごsitai。

白露(はくろ)、仲秋と中秋

こんにちは、まめ助です。

 

今日9月7日は二十四節季の一つ白露です。この15日後は秋分です。

 

朝晩涼しくなって秋の気配は漂っていますが暦上も秋ですね。

 

白露には「涼しくなり露がつきはじめる」という意味があり、日中はまだ暑さが残りますが朝夕の涼しさの中に肌寒さも感じ始める頃です。昼夜の気温差が大きくなり朝露が草花に付き始めるため白露となったと言われます。

 

何故、『白』の露なのか?

日本人のイメージでは白は雪、つまり冬のイメージが一般的ではないでしょうか。

中国では陰陽五行が盛んです。この陰陽五行では秋の色は「白」とされていますので、そのためだと言われます。

 

f:id:mamesukeing:20170906221338j:plain

 

 

また、この日から寒露(今年は10月8日)の前日までの期間を仲秋と言います。

 仲秋と中秋の違いと意味

中秋仲秋、どちらも良く見ると思いますが似ているようでその意味は違います。

仲秋

旧暦の8月の約1か月を指して呼ばれています。旧暦では7・8・9月の3ケ月を秋とします。8月は秋の真ん中であることから仲秋です。

 

中秋

旧暦の8月15日の1日のみを指します。そのため十五夜とも呼ばれる中秋の名月もこの日1日のみなのです。今年は10月4日です。

 

最近では「仲秋の名月」と「中秋の名月」両方を見かけるように思います。

先の法則に従えば、仲秋の名月ならば9月7日から10月8日の約1ヶ月あり、中秋の名月ならば10月4日の1日のみですね。

 

🐶 せっかくならば長く眺めたい気がします。

 

では、またです。