思いのままに

暦に導かれ毎日を豊かに過ごしたい

9月9日は重陽の節句です。

重陽の節句は五節句の1つです。

あまり馴染みがないですよね。

 

f:id:mamesukeing:20170908232621j:plain

重陽の節句

五節供の1つで菊の節供とも呼ばれます。古来は菊の花に置き綿をして露をしみ込ませ、これで身を清めるなどして邪気を祓うという行事でした。収穫を終えた後なので刈り上げの節供とも呼ばれていました。

 陽(奇数)が重なる日で九が奇数の中でも一番大きな数字という意味で重陽と言われています。

 

元々は中国伝来の長寿を祈った祭です。平安時代の初期に日本に伝来し宮中行事として貴族の間だけで行われていました。当時、中国から伝来したばかりの珍しかった菊を観ながら詩歌を詠む「観菊の宴」が開かれていました。時代が下って徐々に武士から庶民へ伝わりましたが今となっては存在感の薄い節句になりました。

 

重陽の節句が衰退した訳

江戸時代までは五節供の最後を締めくくるものとして最も盛んな節供だったそうで、この日に菊の花を浸した「菊酒」を飲み交わしていましたが、 明治になり急激に衰退したと言われます。

古来、重陽の節供は衣替えの日でもあり、この日以後は衣類に綿などを入れて冬衣に変わっていたそうです。新暦になって暦が一か月程早くなりましたので9月9日の衣替えには季節に合わなくなったことで節句の存在が薄れたと言われます。

🐶 そうね、今日から綿入りの服は暑すぎる💦

 

五節句

奇数(陽)の重なる日5つが五節句に選ばれています。

陽が重なると陰になってしまうことから陰になることを避けるための祭事で避邪(ひじゃ)を行なっていました。

1.1月7日=人日(じんじつ)の節句【1月1日だけは別格として元旦で1月は7日です】

2.3月3日=上巳(じょうし)の節句

3.5月5日=端午(たんご)の節句

4.7月7日=七夕(しちせき)の節句

5.9月9日=重陽(ちょうよう)の節句

 

五節句の制度は明治6年に廃止されましたが年中行事としてのひなまつり、子供の日やタナバタなどで馴染み深いですね。

 

お酒に菊を入れて飲む。風情ありますね。菊を探してみようかな。

 最近の菊は品種改良で様々で菊だと気づかないものもある。でもやっぱりむかしながらの菊に風情を感じます。

 

では、またです。

 

 良い休日を👋