思いつくままに

毎日を楽しく豊かに過ごsitai。

老人の日と敬老の日

こんにちは、まめ助です。

 

今日9月15日は老人の日です。

『えっ❓敬老の日は来週だよ!』と思われた方にお届けします。

 

敬老の日は9月第三月曜日の祝日です。

老人の日は旧敬老の日の9月15日です(祝祭日ではありません)。また、9月15日から21日までは老人週間です。

 分かりにくいですね。何故こうなったのかをご説明しましょう。

 

f:id:mamesukeing:20170915135133j:plain

老人の日と敬老の日

 老人の日

 日付;9月15日。

 趣旨; 老人の福祉への関心と理解を深め生活向上に努める意欲を促す日。 

 

敬老の日

日付;9月の第3月曜日。

 趣旨;長年にわたって社会に貢献してきた老人を尊敬し長寿を祝う日。

  

敬老の日と老人の日の違い

老人の日敬老の日もお年寄りのための日という点では同じなのです。

何が違うかと言いますと、その言葉を向ける相手が違います。老人の日はお年寄りの方々へ敬老の日は若い世代へ向けられています。

老人の日はお年寄りの方々へこれから先も楽しく元気でいてもらうために「こんなことをやりましょう」とか「こういうことに注意しましょう」というアナウンスがあちこちから出ます。それを参考にしてまたこれから先も楽しく元気で今しょうねと応援する日ということになりますね。

敬老の日はお年寄りを若い世代が尊敬や感謝の心を忘れないようにするための日です。

人生の先輩としてそこに辿りついたからこそ分かる事がありますから、お年寄りの方々の助言に耳を傾けるという場を設けると言うのもありかなぁと思っていますがなかなかそういうような大きな場はないですね。

  

老人の日の始まり

1947年に兵庫県野間谷村の門脇政夫村長が行ったことに始まりました。

門脇村長がお年寄りを大切にしつつ知恵を借りて村作りをしようと発案して『としよりの日』というものを制定します。それが9月15日でした。

何故この日なのかは9月15日辺りが農業の閑散期で気候も比較的良いからだと言われますがその根拠は定かではありません。

 ここを発端に「敬老会(老人を敬う集会)」を定期的に開いかれていたのですが1950年から兵庫県全体で行われるようになり、さらに全国に広がり敬老の日となったようです。 

 

2002年までは毎年9月15日が敬老の日でしたが2003年からは「ハッピーマンデー制度」が施行され祝日法改正されたことにより9月の第三月曜日に変更になったことに敬老の日の提唱者と各地の高齢者団体が異議を唱えて反対する人たちも多かったため、元の敬老の日の9月15日を老人の日とし、さらにそれから1週間を老人週間としました。

 

敬老の日・老人の日制定の歴史

敬老の日は昭和22年にできた当初は「としよりの日」という名称でしたが「としより」は失礼だろうということで国民の祝日に制定される時に「敬老の日」となりました。

 

年よりの日⇒敬老の日⇒老人の日と変わったのですね。

 

「結局同じ意味じゃない」なんて言ってはいけませんよ😃

そう言われた時にどう感じるかは自分がその時を迎えないと分からないものですので。

我が家もお年寄りがいますが高齢者と呼ばれるのもやや嫌な顔しますからね。

 

私は比較的お年寄りの方に接する機会が多い方ですが昔のお年寄りのイメージとは違い、みんな元気だし「まだまだやりたいことあるんだぞぉ」と子供のようになったりします。今の時代はお年寄り扱いだからとた大事にしすぎるだけではなく出来ることと出来ないことの見極めが大事な時代なのだと思います。やれることは自分でやってもらう、できない所は助ける。

でも、この見極めが一番難しい。そのためにはコミュニケーションが何より大事ですね。出来なくなったことって本人も気づかなかったりするし気づいても家族には言いたくないということも多いですから 。

 

いずれは誰も年を年をとります。誰もが通る道です。

自分だけは年を取らない病気をしないなんて甘いことは言えません。

なので人生のお勉強と思って若い世代も老人の日に参加した方が良いのかなぁと思う今日この頃です。今のお年寄りより下の世代は今よりもずっと病気になる可能性高いって言いますからね。

早いうちに先を知ることって大事です。

 

 

 台風接近中です。雨も風もまだ大したことありません。明日と明後日が怖いなぁ💦

 

 

では、またです。