思いつくままに

毎日を楽しく豊かに過ごsitai。

9月18日の暦~勤労感謝の日・社日(しゃにち)そして天赦~

こんにちは、まめ助です。

とりあえず台風通過しました。

今回の台風はなかなかやって来なかったので待ちくたびれました。なのに雨だけがゴウゴウ降って💀心配していましたが無事通過し一安心です。

 

 

これからの皆さま。

勢力はやや衰えたようですが日本列島縦断ですので充分にお気をつけくださいませ。

 また、まめ助の地域では台風通過前から気温が下がり寒くなりましたので夜は寒さ対策の服か布団の準備をした方が良いかもしれません。

 

 

f:id:mamesukeing:20170703170404j:plain

 

 

さて、明日9月18日は祝日の勤労感謝の日です。

そして、雑節の1つの社日(しゃにち)です。

更に大幸運日の天赦(てんしゃ)です。

 こんな時だからこそ、天赦は是非活用していただきたいです。ぜひ幸運をその手に🌠

 

社日(しゃにち)

 雑節の1つで年2回、秋と冬があります。それぞれ春分または秋分に一番近い「戊(つちのえ)の日です(例外もありますがここでは割愛します)。

 

社日は産土神(うぶすなかみ)様を祀る日で、産土神様は土地の守り神でその土地や地域に生まれた人を一生守ってくださる神様です。

親しみを込めて「社日さん」と呼ぶ所もあります。

 

春と秋の違い

社日は春と秋では少し様子が違います。

 

春の社日

これから農作物の種を植える頃で豊作祈願をします。

また、この日に飲むお酒を治聾酒(じろうしゅ)と呼び耳が良くなると言われます。

 

秋の社日

農作物を収穫した頃で収穫に感謝します。

 

社日は日本で古くから行なわれてきた行事です。その由来は古代中国で行なわれていた儀式だといわれ、これに日本の地神信仰や田の神信仰が合わさって深く根付いたと考えられています。

 

社日祭

春と秋の社日に各地の神社などでお祭りが行われます。あまりたくさん知りませんが知っているものを2つご紹介します。

 

社日まつり(深湯神事)

群馬県邑楽(おうら)郡大泉町の社日稲荷神社で行われ、大泉町の重要無形文化財に指定されています。

群馬県 - 【大泉】社日祭

神前に大釜を供えて湯を沸かし、その熱湯を笹の葉で全身に浴びて神様のご神託を仰ぎます。

これが探湯神事(くがたちしんじ)ですね。昔、歴史の教科書で聞いたこがあるはずですので覚えている方もいらっしゃると思います。

探湯神事は日本書紀にも記されている古代の裁判の真偽判定法です。正邪を判断する時に用いられ、正しければヤケドせず偽ればヤケドする、というかなり手荒い裁判法です。

本当の方法は湯に手を入れて行います。これで火傷しなかった人がいたのだろうかと不思議に思います。

 

社日祭(お潮井とり)

福岡県福岡市東区の筥崎宮(はこざきぐう)で行われます。

お潮井とりは筥崎宮の年中行事の中で、3月(春)と9月(秋)の2度の社日祭で行われます。筥崎宮本宮の海岸の真砂をお潮井(おしおい)と言い、これを竹かごに入れて持ち帰ってお祓いに用います。由緒あるお祓いだそうです。

www.hakozakigu.or.jp

 

 

どちらも古代の様相を残していて興味深いです。お近くではいかがでしょうか。

今年はあらゆる方面で食物は不作です。不作ではありますがこんな異常な気候の時でもとりあえず収穫できたことを感謝したいです。

 

 

天赦

万(よろづ)よし」と言われる日で百神が天に昇り天が万物の罪を赦(ゆる)す日とされる最上の大吉日です。年に5~6回しかない大々吉なので知っている人は必ず活用する暦です。

 何事に用いて良いですが特に開店、結婚、事業創立、拡張に最良です。

 

今年は12月3日が最後です。

せっかくの日ですが多くの方が台風の影響のある日ですね。もし外に出られないならブログ日和でも良いのではないでしょうか🌠

 

 

勤労感謝の日

先日ブログでご紹介しましたので、こちらをご覧ください。

 

www.mamesukeings.com

 

 

では、またです。