思いつくままに

毎日を楽しく豊かに過ごす

10月になりましたので神無月と神在月について

 こんにちは、まめ助です。今日から10月ですね。

朝はいつもよりも肌寒かったです。季節って面白いですね。

あんなに暑かったのに着々と季節は移っています。

この流れに乗り遅れないようにしなきゃということで衣替えしてます👘

 と言っても、秋は平年並みか高いという予報も出ていますので暑い日があった時に備えて夏物完全撤退はしない方が良いみたいですね。

tenki.jp

 

神無月と神在月

月の旧暦名称は?って聞かれてもパッと浮かばないものが多い中で10月が神無月だということ多くの人が知っていますよね。

 

神無月の意味

全国の八百万の神様が出雲大社(島根県出雲市)へ出かけてしまうためだと言うのが一般的です。

また、古代にはと発音していたため神無月のとする神の月を意味するという説もあります。

 

f:id:mamesukeing:20171001135106j:plain

神在月

神様が出雲に集うので出雲では神在月と呼び、神々がお出かけされる出雲以外の国では神無月と呼びます。

 

天つ神は集わないということ

神在月の出雲には全ての神々が集うイメージですが、実は全神々ではありません。

出雲の大国主命は国つ神ですので国つ神に連なる神々が集い、天照大神を代表とする天つ神に連なる神々は集わないと言われています。

 

 留守神

「神無」と言うと出雲以外の国では神様は誰もいないの?と思いませんか?

でも心配ありませんでした。

各地の神々が皆お留守だと人々が困るため留守番の神様がおられるそうです。その代表的が恵比須神(えびすしん)ですが他にも金毘羅神(こんぴらしん)や竈神(かまどしん)、道祖神(どうそじん)がいらっしゃいます。

そのため留守神様をお祭りするために恵比須講(えびすこう)を行う所もあります。

  

神在祭で神々が行うこと

出雲大社に集った神々は何をされるのかというと所謂会議です。

議題は人の運命や縁などです。結婚などの縁が有名ですが仕事の縁など様々な縁も話し合われます。このことから出雲大社は縁結びの総本山となっているのです。恋愛がらみだけではないのですね。

そして、人の縁だけでなく来年の天候、農作物の出来、古来重要だった酒の出来なども話し合われているそうです。

🐶来年の天気は温和でありますようお祈りに行きましょうか。

 

神在祭の期間

ちなみに神在月は旧暦の10月のことです。お間違えなく。

新暦の10月になってもまだ神在月ではありません。出雲に行かれるのならば折角ですから神在祭の時に行きたいですよね。めっちゃくちゃ人が多いですけど👪。

 

2017年の神在祭の期間は11月27夕刻から12月4日夕刻までです。

詳しくは出雲大社のご案内をご覧ください。

 

神在祭の注意点

神在祭の期間は神様は会議中ですので町中静かにすることを心がけて生活されます。大きな声で話さないとか大きな物音を立てないなどに注意されるそうです。なのに、外からお参りに来た人々が騒いでいたら意味がありません。

ですので、行かれる場合は現地では静かに静かに行動しましょう。

 注;神社のお参りの作法については基本として勉強していきましょう。

  他の神社と違うことで注意したい点は『2礼四拍手』というところです。

 

 出雲大社のお薦めお守り

勾玉や縁結びのお守りなど色々ありますが、個人的に出雲大社で必ず買うお守りは打ち出の小づちです。

大国主神が使ったことに由来するものです。行かれたら是非お求め頂きたい品です。

www.taishamokko.com

 

 楽天やアマゾンでも買えますができれば現地で買いたいですね。

 

 

今年もあと3ケ月。いい年だったと言えるように残りを過ごしたいですね。

 

 

では、またです。