思いつくままに

毎日を楽しく豊かに過ごす

2017年10月4日🌛中秋の名月です。

こんにちは、まめ助です。

今日の夜の月は仲秋の名月です。お月見団子食べて鑑賞しませんか?

夜は晴れそうですから。

 

中秋の名月

旧暦の8月15日の夜の月のことをいいます。

中秋の名月は農業の行事と結びついて「芋名月」と呼ばれることもあります。

 中秋の名月のお月見は今でも広く知られていますが平安時代に中国から伝わり、それ以後ずっと行われているようです。

平安の貴族や村の民が盛んに行われている様子が目に浮かびます。 

 

f:id:mamesukeing:20171003233051j:plain

 

そもそもの始まりは、豊作を祈る稲作儀礼からとされる説と芋類の収穫祭からとされる説があります。稲作が始まる前は芋類が主食ですのでそれが元となり稲作が始まって稲作儀礼になったとも考えられますね。お供え物からも両方が見てとれます。 

 

中秋の名月だから満月ではない

「中秋の名月は美しい満月」と思われていることが多いのですが、暦で日が決まりますので現代では必ずしも満月ではありません。

今年は10月4日が中秋の名月ですが満月は10月6日になります。旧暦の行事ですのでどうしても少しずれますね。

 

お供えものをしましょう

ススキや月見団子がよく知られていますが、他にも里芋やさつまいもなどの芋類をお供えします。

 

お供えの仕方

  お団子などをお備えする台には三宝や三方(どちらも“さんぼう”と読みます)があります。家庭にない場合は普通のお盆やお皿の上に白い紙を敷いた上に並べ、一段高い所にお供えしましょう。

 

三宝(三方)

折敷に代が付いたお供え用の器のことです。神事に使われる白木で出来たものを「三方」、仏事に使われるものを「三宝」と言います。

 

 月見団子

お月見のお団子は信仰の形です。

穀物の収穫に感謝して米粉を丸めて作ったのが月見団子です。月の形を真似た丸い形ですが地域独特の月見団子もあるようです。

 

中国では月餅が最も一般的ですが、日本では月見団子が一般的ですね。最近では月に見たてて丸いどら焼きもあるようですよ。甘いものなら月の丸い形に見立てられればそれで良いのかもしれません。

 

お供えするの団子の数

供える数には2つの説があります。

 

満月の数と言う説

その年に出た満月の数を供えるので平年は12個ですが閏年には13個です。

 

十五夜か十三夜という説

十五夜なら15個、十三夜ならば13個です。

15個の並べ方は下から9個、4個、2個となります。

 

昔は月の満ち欠けを基準に暦が作られて農作業が進められていたため満月の数や新月から何日目の月(つまり**夜)なのかということは大切なものでした。それで団子の数の意味になったのでしょう。

 

お団子の並べ方

お団子の並べ方にも決まりがあります。

 

15個の時

一段目に9個(3×3)、その上(二段目)に4個(2×2)、さらにその上(三段目)に2個置くという形です。

 13個の時

15個の時の三段目がない形です。

 

ススキ

ススキを稲穂に見立てて神様の依り代と考えられています。また、ススキの鋭い切り口が魔除けになるとされ、お月見のあと軒先に吊るしておく地域もあります。

🐶 やっぱりあると風情が出ますね。

 

それぞれの地域の習慣は周りの方々に聞きましょう。その地に伝わる方法があるかもしれません。

 

 

さて、今日の夜は仲秋の名月と言っても満月ではないことは先にお話しました。

暦を大事にしたいと言いながら満月までは仲秋の名月の期間と思って楽しんでも良いのか、と密かに思い今日がダメなら明日とお天気に合わせてお月見を楽しもうと思っています。

良く言えば臨機応変です。せっかくの秋の夜長。たまには風流にお月見してみませんか? お好みで月見団子や月見酒とともに。

 

では、またです。