思いつくままに

毎日を楽しく豊かに過ごす

スニーカー通勤で健康維持。

こんにちは、まめ助です。

皆さんは適度な運動をしていますか?

f:id:mamesukeing:20171006145637j:plain

といっても適度な運動って難しいのですが、まずは歩くことだとよく言われます。

 最近の健康番組では必ず何処かで『歩きましょう』という言葉が出てくるのですが、

今度は将来の医療費削減を目的としてスポーツ庁からスニーカーでの通勤を推奨されました。

近年様々な分野で言われていますが、やっぱり歩くことは健康維持に欠かせないということなのですね。

歩くと言ってもヒールなどで長い時間歩くことは足や腰を悪くしますから将来に良くありません、なので敢えてスニーカーなんですね👟

 

news.yahoo.co.jp

 

マイカー通勤が体脂肪を増やす

記事内に書かれていますが身近を見ていて尤もだと思います。

基本的に、都会に住むよりも田舎暮らしの方が運動不足です。なぜなら田舎は交通網が発達していない地域が多いので通勤・津学や買い物など多くの移動に車を使用するからです。

周囲でもマイカーの使用頻度は高く基本一人一台ですので何処に行くにも車を使う癖があり、すぐ目の前のコンビニでも車で行きます。

悪い癖です。これは時々都会暮らしに慣れている人からやや白い眼で見られます。歩いた方が早いのに、と👀

 

都会暮らしの方が公共交通機関が発達し使うことが多いので運動しようとしなくても生活の中で知らず知らずに体は動いていますがマイカーに慣れると玄関から駐車場までの距離しか歩かないというケースが多いので心がけない限り歩く機会が少ないです。

生活の基本的習慣の中で運動量が少なくれば脂肪が燃焼されず蓄積されてしまうのは当然の事ですね。

例え「運動のためにできるだけ階段を使いましょう運動」があっても建物の外ではそもそも階段にも出会わないで1日を終える人が少なくありません。また、建物内の階段は仕事中なら時間も気になりますから使うのはせいぜい1、2階です。それでもやらないよりは良いのですけど。 

 

歩くことの効果は様々

肥満防止、認知症予防、糖尿病予防、高脂質症予防、骨粗鬆症予防など様々なことに効果があると言われています。健康の基本と思っていいくらいです。

要は昔に比べて栄養価の高いものを食べるようになった割に体を動かさない、歩くことさえしない近年では手っ取り早く体を動かすには歩くことが一番分かりやすいからというのもあるかもしれませんね。

 

歩くための時間がないという理由

歩くことは時間がないと難しく、誰にでもできないという現実があります。

仕事で忙しいと朝早く起きて家を出て夜遅く帰ります。途中で車を止めて又は帰ってきてまた出かけて散歩と言うわけにもいかないです。疲労がかさみます。

 

では、もっと早起きして散歩すれば良いということも言われていたのですが今はそうではないようです。

 

 早起きが体に悪い?

早起きが体に悪いという説があります。

早く起きてジョギングや散歩をするのは気持ちが良いのですが、実は体に負担になるというのです。

現代社会だからという理由がそこにあるような気もするのですが、まだ研究段階ですから絶対ダメとは言えませんが、思う所もあるので家族へは控えるように言っています。 

 

gendai.ismedia.jp

 

早起きは三文の徳?

誰もが知っている言葉ですね。

しかし、これはほとんどの人が農業を行っていた時代だからこその言葉だと思うのです。

農業をするならば、夏の真昼間は暑いです。冬は早く日が暮れます。だから、早く起きて仕事を片付けよう、と言うものだったのではないかと思うのです。

ですが、農業をしている人はその分お昼寝もできます。一日中の肉体労働ですからそうでないと体が持ちませんよね。

ですが現代社会では早く起きたからと言って会社でお昼寝はできません。また、早く起きたいから早く退社することもなかなか難しいでしょう。

 そんな中で早起きだけに執着してしまうと体がおかしくなることは否めないことなのかもしれません。

 

朝の散歩は注意

これから寒くなりますね。お年寄りに限らず冬の朝の低い気温は心肺などに負担になるだろうことは予想できます。働き盛りの世代こそ注意が必要だと思います。

 

因みに年を取れば早く起きるようになるというのも違うようです。

 

夜が暇で早く寝る方は早く起きるけれど、夜は家族団らんの時間でそんなに早く寝ない方々は朝起きるのは遅く苦手です。

 

ある方のお悩み相談で「最近朝4時前に目覚めて辛い」のだというのがありました。

よく話を聞くと一人暮らしなので夜は夕飯食べたら話す相手もなく暇なので夜8時過ぎには寝てしまうそうです。

ということは睡眠時間8時間です。そりゃ眼も覚めますね😃、ということで「夜は読書でもどうでしょうか」とお薦めしてお話が終了しました。

早く寝れば早く起きる、当たり前の体の反応です。心配ありません。

 

 

子育て中のママや仕事バリバリの方々が早く寝られないのに早起きしようとするのは体に悪いでしょう。 なので早起きの散歩ではなくどこかに行くついでに歩くことが良いかもしれませんが、これには時間がないという問題は残ります。

皆それぞれの生活スタイルがあるので、これが良いと決めてしまうことはできません。それぞれにあったスタイルで行いたいですね。

 

いつでもスニーカーを

ちなみに、

きつい運動を週に1度するよりも毎日細目に動く方が脂肪は減らせる

そうです。

運動不足解消の1つの手段として家の中でもいいからちょこまかと動くことだそうです。きつい運動はやりすぎると筋肉の損傷になりアチコチ傷めますから、まずは歩くことからだそうです。

高齢者への指導でこう言われていますが年齢に関係なく効果はあるようですよ。

 

とは言っても、会社の中をちょこまか動くことは難しいです。落ち着きのない人に取られますし周囲に迷惑な場合もあります。

 

ならば、常日頃からスニーカーで外出する癖を付けて思い立ったときにいつでも健康的に歩くというのはどうでしょう。

歩くための時間を設けるのではなく、時間が空いたらとにかく歩くことを心がける。

それが一番分かりやすく簡単かもしれません。

 

ですので、時間がないならマイカー通勤でもスニーカー通勤をやってみませんか、ということでお話を終わります。

 

ちなみに、私は比較的時間の融通が利くので出かけるぞ、というときはいつもスニーカーです。楽だし。会社勤めだと服に合わせてとなりますから考えないといけませんね。なかなか難しいです。

 

 

では、またです。