思いのままに

暦に導かれ毎日を豊かに過ごしたい

今日は十三夜です。秋のお月見しませんか?

 こんにちは、まめ助です。

 

今日は十三夜です。十五夜と同じくお月見をしましょう。

 

十三夜は旧暦の9月13日頃(新暦では10月の中旬から下旬頃)の月の事を言います。

十五夜の約一ヶ月後に巡ってきて古来は十五夜のお月見をしたならば十三夜にもお月見をしなければならないとされていました。 

f:id:mamesukeing:20171101140311j:plain

日本固有の風習です

 

十五夜のお月見の風習は中国から伝わったものですが、十三夜は日本固有の風習で中秋の名月の後に行うので後の月とも呼ばれます。

また他にも名前があり、十五夜の頃は芋が収穫時期なので芋を供えることが多いことから芋名月と呼ばれますが十三夜はや豆や栗が収穫時期なので豆や栗を供えるので豆名月とか栗名月と呼ばれます。

 

翌年の豊作祈願

地域によるようですが十三夜の天気から翌年の小麦の豊作、凶作を占う習慣があるため十三夜のお月見は翌年の豊作祈願をしていたとする説があり、小麦の名月と呼ぶ地域もあります。

十五夜はその年の収穫祭、十三夜は来年の豊作祈願だったのかもしれませんね。

 

起源

平安時代の醍醐天皇の御世、延喜 19 年(919年)に宮中で月見の宴が行われたのが始まりとされています。

『中右記(ちゅうゆうき)』保延(ほうえん)元年(1135)9月13日の条には明月の宴が催されたことが記録されており、この頃には十三夜のお月見は定着していたようです。

 

片見月

十五夜だけに月鑑賞することを片月見と呼び、縁起が良くないと言われてきました。十五夜の月見をした方はぜひ十三夜でもお月見してくださいね。

  

十五夜はあまりすっきりしない夜空が多いのに対して十三夜は晴れることが多く「十三夜に曇り無し」という言葉もあります。また、十三夜は十五夜の次に美しい月が見られると言われますので、晴れていたら見ないともったいないです。ぜひ、眺めましょう。

ただし寒くなってきていますから防寒はしっかりしてくださいね。

  

 お供え

十三夜のお月見も十五夜と同じくお供え物はススキや月見団子です。 

それ以外にも、大豆や栗など秋の農作物を中心にお供え物を揃えます。ススキ以外に秋の七草を供えられる事もあるそうです。

 

お供えが間に合わないならお酒だけでも🍶

東日本・北日本は雲が多そうですが雲の切れ間からでも秋の夜長を楽しんでください。

 

 

明日から天一天上の期間に入ります!

お忘れなく🌠

 

では、またです👋