思いのままに

暦に導かれ毎日を豊かに過ごしたい

今日は七五三です。

こんにちは、まめ助です。

 

今日は七五三ですね。とは言っても、近年は親御さんのお仕事の関係もありお宮参りは必ずしもこの日というわけではありませんので既に終わったという方もおられるかもしれませんね。

3歳の男女児、5歳の男児、7歳の女児が対象の年齢です。

f:id:mamesukeing:20171115101126j:plain

七五三は言うまでもなく日本の伝統行事の一つですが分かっているようでも説明をもとめられると何処かアヤフヤなので復習のため調べてみました。

 歴史

七五三の始まりは室町時代と言われています。その頃の日本は貧困で栄養失調だったりや知識がなかったことによる不慮で乳幼児の死亡率は極めて高い時代でした。子供が無事成長すると言うことがとても貴重だった時代です。 

そのため子供は3歳(7歳までというところもあります)になるまでは「神の子」だという考え方があり神様の元に召されないよう懸命に育て陰陽道で縁起のよいとされる奇数(3・5・7)の歳(数え年)に無事に育った感謝の意を添えてお祝いをしたことが始まりと言われ、祝う歳から七五三と呼ばれるようになりました。

 

元々宮中や公家の儀式として幼児期を乗り切って無事成長した事の節目に氏神様に感謝と加護を祈る儀式として始まり江戸時代になって庶民に広まったと言われています。

江戸時代に入ってそれぞれの階級(武家、農民、町民、商人)の生活様式にあわせた行事が行われ明治時代に入ってそれらが統合され今の形になりました。

七五三が広まったきっかけは呉服屋の宣伝だったと言われています。何事も行事の普及は商業活動なのですね。一番効果あるようです。

 

男児と女児の年齢の差が生まれた訳

2つの説があります。

①男児は後継者としてより大切にされていたから。

②男児は女児に比べて幼い頃に体が弱いことが多いので時期を女児よりも早い。

今でも幼少期は男児の方が病気になりやすいということをよく耳にしますね。

 

男の子は三歳と五歳、女の子は三歳と七歳に、それぞれの意味

七五三の行事は健康に育ったことを感謝する意味もありますが神様から男女の魂を授かる行事でもあります。

生まれた時に肉体的な男女の区別はあっても精神面の違いはあまりありません。七五三の儀式によって神様から「男の魂」または「女の魂」を授かると言われています。

  

七五三の古来の儀式

古来行われていた七五三の行事は源氏物語などの古典文学にも度々登場しますので、その名には効き覚えあるかもしれません。以下のような儀式でした。

髪置(かみおき)

古来の幼児は不衛生にしていると病気になるため髪を剃る風習がありました。三歳になったことでもう大丈夫だからと髪を伸ばし始めるための儀式です。

ですが、この時期に髪が揃い始めるからという説もありました。祖の時代によって微妙に違うのかもしれません。

女児は丸刈りではなかったので「髪立て」の儀式とも言われます。 

袴着(はかまぎ)

男児が始めて男性の衣服である袴を着ける儀式で幼児から少年へとなり神様から男らしさの素となる「男の魂」を授かるとされます。

  

帯解(おびとき)

子供の着物は紐つきですがこの日から大人に向けて四つ身の着物に変える儀式です。幼女から少女へなり神様から女らしさの素となる「女の魂」を授かります。

 

七五三は何故11月15日?

 3つの説があります。

その1 収穫祭の1つ

旧暦11月は秋の実りを神に感謝する月で旧暦11月15日は必ず満月になるため、この日に収穫を祝う秋祭りに氏神様へお参りする風習があったという説。

 

その2 鬼宿日に由来

旧暦11月15日は必ず二十八宿の鬼宿日(きしゅくにち)にあたります。鬼宿日は婚礼以外の祝い事は何事にも吉とされていたためこの日に行われたという説。

 明治になって新暦が採用されてからも11月15日を七五三としていますが、この日は必ずしも鬼宿日ではありません。ちなみに今年は参宿日で鬼宿日は17日なります。

現在は必ず11月15日に参拝するわけではありませんしどちらかというと大安吉日を選ばれる方が多いですからあまり関係なくなってきていますね。

 

 その3 将軍の子の誕生日

江戸時代に五代将軍綱吉の子の徳松君のお祝いをした日に由来するという説です。大奥の行事があこがれを持って庶民に伝わるケースが多いのでこれも有力です。

  

千歳飴の意味

千歳飴は縁起物として必須ですね。

千歳飴はデンプンた餅米を麦芽で糖化させ紅白に染めた棒飴ですが見た目もその袋にも様々な意味が込められています。

  形

粘り強く細く長い棒状なのは、親が子の長寿を願う気持ちを表しています。

 

 紅白の色染めにしお目出度いことであることを表しています。

 千歳飴の袋

鶴亀模様・・・”鶴は千年亀は万年”という言葉のように長生きを願う親の気持ち

 

松竹梅・・・・”冬でも緑を失わない松や竹、寒い冬を耐え一番に花を咲かせる梅”

       から健康や力強さの象徴として描かれています。

なお千歳飴は直径1.5cm以内、長さは1m以内と決められ、お祓いをして販売します。

 

御目出度いものなので、七五三のお祝いを戴いたお返しに千歳飴を添えると良いそうですよ🍬

 

 

 二十八宿

 鬼宿日にあった二十八宿はまだお話していませんでしたので簡単にご説明します。

古代中国で始まり日本では2二十八宿から1つ削った二十七宿もよくみられます。

西洋でいう星座占いと似ており星座にあたるものが「宿」と呼ばれます。天の赤道に沿って天球を東西南北(東を青龍、南を朱雀、西を白虎、北を玄武)に四分割しそれを28分割したそれぞれに司る星宿があるとみていました。日本へは『宿曜経』と共に空海大師によりもたらされました。

暦の月・日にも配されましたので日の吉凶に用いられました。また相性占いなどにも利用され古来からなじみ深いものでした。知ると興味深い分野ですのでいずれまた書きたいと思います。

 

また長くなりました。最後までお付き合いいただきありがとうございます。

 

では、またです。