思いのままに

暦に導かれ毎日を豊かに過ごしたい

冬至

こんにちは、まめ助です。

 

明日は冬至です。言うまでもなく年中で一番昼が短い日です。

二十四節気の第22番目にあたり今年最後の節気です。来年1月に小寒(5日)と大寒(20日)を迎えれば一巡して1番目の立春(2月4日)からまた新たに始まります。

 

ちなみに冬至の『至』とは至点の意で夏と冬の至点がそれぞれ夏至と冬至です。

冬至は1年中で夜が最も長くなり昼が最も短くなる冬の日で夏至はその逆となります。

 

f:id:mamesukeing:20171220105800j:plain

太陽信仰

冬至を境に日が長くなることから、冬至を新年の起点とする考えが古代から世界中に広くあり、世界各国で太陽が生まれ変わる日として盛大な儀式が行われてきました。

中国でも盛大な儀式が行われ太陽太陰暦は冬至を暦計算の起点とされています。

中国で冬至に行われていた儀式が後に日本へ伝わって『朔旦冬至(さくたんとうじ)』が宮中で催されるようになります。

 

朔旦冬至とは

文字の通り冬至が1日(朔)に当たることです。

冬至は旧暦では11月でしたから旧暦11月1日が冬至に当たる年をこう呼びました。これを19年毎に巡ってくる瑞祥吉日として宮中で盛大に祝宴を催しました。

しかし、暦にわずかなズレがあるため徐々に朔旦冬至はが起らなくなると改暦が行われていました。冬至のズレのために改暦が行われていたほど冬至は暦の要なのです。

 

 一陽来復

冬至のことを『一陽来復』とも呼びます。冬至は太陽の力が最も弱まる日でもあり甦る日でもあります。

古代中国の占いの書『易経』では「陰暦10月に陰が極まって11月の冬至に陽が初めて生じると書かれています。これは厳しい冬が続いたあとに春の訪れの兆しが表れることの例えで悪いことが続いたあとは幸運に向かうということを表しています。

 

今も残る厄祓いの風習

冬至は夜が最も長くなることから「最も死に近い日」とされていたため厄を祓うために身を清め身体を温めて無病息災を祈っていましたがその名残りが今でも行う風習にあります。

 

ユズ湯に入る

冬至はの“とうじ”と読む音に湯治(とうじ)をかけて柚子湯が生まれたと言われます。

毎日入浴していなかった時代には特に身を清めるための入浴は必須でした。また、当時は強い香りは邪気が起こらないとされておりユズは冬が旬で香りが強いことから使われるようになったのでしょう。また、果実が実るまでに長い年月を要するため「長年の苦労が実りますように」という願いがも込められています。 

現代においてもユズに含まれるリモネンやβカロテンが新陳代謝を活発にするのでユズ湯は血行促進に効果があり冷え性や腰痛、神経痛を和らげ、柑橘系の香りがリラックス押下も生み、この時期には最適な入浴法です。

 

「んのつく食物」を食べる

冬至には「ん」のつくものを食べると運が呼び込めると言われていました。うどん、レンコン、ニンジン、カボチャなどを運盛りと言い食べて縁起を担いでいました。

特にカボチャ

カボチャは南瓜と書いて“なんきん”と読みますので運盛りの1つとなりました。古来は夏に取れた作物を保存して冬に食べていましたがカボチャは冬の大切な栄養源です。

また、陰陽思想では冬を「陰」、夏を「陽」と考えることから夏(=陽)の時期に実ったカボチャを冬(=陰)に食べることで「陽」を補う考えたため特に重宝されました。

現代においてもカボチャはビタミンAやβカロテンが豊富で免疫力向上や風邪予防に効果が期待されますので冬至だけでなく冬の間たくさん摂取したい食物です。

 

先人たちは生活の知恵からその季節に何を食べれば良いのか何をすればいいのかを知っていました。それを代々教え受け継いで今があります。単なる迷信ではなく実にかなうことだということを現代科学が教えてくれています。

 

 冬至がクリスマス🎄になった

古代からヨーロッパでは冬至は太陽が復活する日とされており太陽復活の祝祭や儀式が盛大に行われていました。

キリストの降臨日には諸説ありますが、ある年の冬至が12月25日だったことで太陽復活祭とキリスト生誕が結びつき12月25日をキリスト生誕日つまりクリスマスとした言う説があります。

時代が下りクリスマスを盛大に祝うようになると冬至の祝祭もまとめて行われるようになり、そのうちクリスマスだけが残ったのだと言われます。もちろん他説はありますがこの説は有力です。以前とある映画の中でキリスト教の始まりについてこの説が述べられて何故か嬉しくなりました。

 

冬至や夏至になると特に思うことなのですが、冬古代の人々は至も夏至も何故この日が太陽の支点になると知ったのでしょうか。イギリスのストーンサークルやエジプトの星観察などなど、既にその内容の詳細が分からなくなってしまったものもたくさんありますが古代人の観測力が偉大だったことは今でも暦が伝えていますね。暦って奥深いのです。その中にいくつもの不思議や歴史があり興味深いです。

   

寒いです。ご自愛ください☃

明日はユズ湯に入ってカボチャなどを食べて元気を付けましょう。

では、またです。