思いのままに

暦に導かれ毎日を豊かに過ごしたい

お正月の準備ラストスパート

こんにちは、まめ助です。

クリスマスが終わりました。お正月準備のラストスパートです。

以前にも申しましたが門松、しめ飾り、鏡餅は28日までにお供えしましょう。

無理だった時には30日にしましょう。29日と31日以降はよろしくありません。

その前の大掃除もお忘れなく。

それではみなさま、頑張っていきましょう。

 

f:id:mamesukeing:20171225215109j:plain

 

正月飾りのそれぞれの意味

しめ飾り

注連縄は神様を祀る神聖な場所であることを示し神社や神棚には注連縄が張られます。その内が神聖な場所となります。

家庭のしめ飾りには過ぎゆく年の不浄を祓い清めるという意味があり玄関に飾り飾ったということは神様をお迎えする準備が整ったことを表します。

 しめ縄には縁起のよい不老長寿のウラジロ、子孫繁栄のユズリハ、家運隆盛のダイダイがあしらってあります。

 

門松

玄関前に左右一対で置き飾り向かって左側を雄松、右側を雌松と呼びます。

歳神様が最初に降り立つ依代であり玄関を清め邪気が家の中に入らないようにするためのものです。

 

鏡餅

家の中にお迎えした歳神様の依り代です。

古来より餅は神様に捧げる神聖な食物で祝祭には欠かせないものでした。鏡餅はその形が神事に使う鏡と同じ形なので「鏡餅」と呼ばれますが鏡は魂を示す神器でもあるため歳神様へお供えして食べることで新たな生命力が授かるとされました。

餅を大小2つ重ねるのには月(陰)と日(陽)を重ねて福が重なることを願う気持ちが込められています。

 

おせち料理

おせち料理はお節供の略で神様へのお供え物として作られた料理のことを言い元々は元日と五節句(人日・上巳・端午・七夕・重陽)に供え食べていたものなのですが正月が最も重要な節句だったために歳神様へお供えする正月料理を指して“お節”というようになりました。

料理には、五穀豊穣、子孫繁栄、家庭円満、健康などの祈りを込めたごまめ(田作り)、数の子、黒豆に山海の幸を加えて重箱に詰めます。一の重は甘味物、二の重は酢の物、三の重は焼き物、与の重(縁起が悪いので四の重都は言わない)は煮物を入れます。

  

祝い箸

正月の祝い膳を食べるための「祝い箸」を準備しましょう。

祝い箸は神の宿る木とされている柳で作られた両側が細くなっているのが特徴の箸で片側は神様のものとされ神様と一緒に食事をするという意味が込められています。