思いのままに

暦に導かれ毎日を豊かに過ごしたい

1月7日は七草粥を食べよう

こんにちは、まめ助です。

1月7日は五節句の1つ「人日の節句」です。簡単に言えば七草粥を食べる日です。

  

f:id:mamesukeing:20180106111237j:plain

 

人日の節句とは

五節句の1つで七草の節句、七草正月、単に七草とも言います。

今ではお正月に食べた御馳走で疲れた胃を休めるという意が強いのですが新年を祝う行事の1つでした。1月6日の夜から7日にかけてを「六日年越し」と言って松の内の最後の日に元日から続く正月の行事を終わらせる日として祝っていました。

 何をする?

朝食に七草が入った粥を食べます。朝食に食べるという所がミソで芽吹いた若葉を食べて自然から新しい生命力(気)を得てその1年の無病息災や長寿を願います。もちろん七草粥は御馳走を食べた後の胃に優しく理に適った行事です。

 

春の七草

七草はそれぞれ日本の所謂ハーブです。それぞれにそれぞれの作用がありますが、その言葉にも無病息災や出世祈願、験担ぎなどの願いが込められています。

既にご存知の方が多いと思いますが復習のため七草を記します。

 

セリ

漢字で書くと「芹」です。湿地に自生し独特の強い香りが食欲を増進させます。

「競り勝つ」という意があります。

 

ナズナ 

漢字で書くと「薺」です。所謂ペンペン草で利尿作用・止血・解熱作用があります。

「撫でて汚れを除く」という意があります。

 

ゴギョウ

漢字で書くと「御形」です。別名を母子草と言い風邪予防や解熱に効果があります。

春に黄色の小さな花を咲かせます。

仏体を表す縁起物です。

 

ハコベラ

漢字で書くと「繁縷」です。山野に自生し利尿作用があり、さらにビタミンAも豊富で目に良いと言われるとともに腹痛の薬にも使われていました。

「繁栄がはびこる」という意があります。

 

ホトケノザ

漢字で書くと「仏の座」です。湿地に自生し別名をコオニタビラコと言いタンポポに似ている植物で若葉を食べます。食物繊維が豊富です。

名前から読めるように縁起物です。

 

スズナ

漢字で書くと「菘」です。所謂カブ(蕪)のことでビタミンが豊富です。ジアスターゼが消化を助け風邪予防にもなります。

 「神を呼ぶ鈴」いう意があります。

 

スズシロ

漢字で書くと「蘿蔔」で大根のことです。大根は「清白菜」とも書き、

「汚れのない清白」の意があります。

 

「人日」と呼ぶ理由

古代中国では、元日から6日までを動物に当てはめた獣畜占いをしていました。動物はそれぞれ元日は鶏、2日は犬(狗)、3日は羊、4日は猪(豚)、5日は牛、6日は馬で(羊と猪は逆の説もあります)、さらに7日は人を占っていた風習から1月7日を「人日」と言うようになったそうです。

また、それぞれの日の動物は殺さないこととされ7日の人の場合は犯罪者の刑罰も行わないとされていました。

 

七草粥を食べる習慣になった訳

中国の唐の時代、人日の日に「七種菜羹(ななしゅさいのかん)」という7種類の野菜を入れた羹(あつもの)を食べて無病息災を祈っていました。この風習が奈良時代に日本へ伝わり元々日本にあった若菜摘みの行事と合わさって七草粥を食べる風習になったと言われています。

ちなみに「羹」とは熱い汁物のことです。

 

庶民に定着したのは江戸時代

江戸時代に五節句が定められ人日の節句もその1つとなったこと七草が当時の身近な食材だったことで親しみやすく庶民の間に定着しました。

  

羊羹の語源

ここで「羹」と言う文字についてちょっと脱線です。この字は「羊羹」の文字に使われています。羊羹は今では甘い和菓子ですが何故「羊の羹」と書くのでしょう。

それは「羊羹」が元々は中国料理の1つで羊の羹(羊の肉の汁物)だったからです。ここまではスッキリします。この羊羹は奈良時代頃に日本に伝わったと言われていますが当時は仏教伝来の影響で肉食が禁じられていたので精進料理として植物性の材料で作られるようになりました(どんな食材だったのかは不明です)。それがその後、茶の湯の普及によって蒸し菓子(蒸し羊羹)として作られるようになり今の羊羹となったのだと言われています。

 

羊の羹→精進料理の羹→甘い菓子

・・う~ん、この最後の甘い菓子の所が突然飛んで何か納得できません。ずっとモヤモヤしています。そのうちにもっと詳しい経緯を聞けるのではないかと思っていますがまだ聞きませんのでこのモヤモヤはもうしばらく継続です。

 

 

 お正月の締めくくり七草粥を食べましょう。

今では七草のセットが売られるなどさらに身近になりました。簡単に出来ますので是非とも作って食べましょう。

本来は採り立ての方が気の補給には良いのですがそうも言えない現在です。スーパーにお世話になり明日の朝は七草粥を食べましょう。

 

では、またです。