思いのままに

暦に導かれ毎日を豊かに過ごしたい

暦の用語;日の吉凶をみる選日

 こんにちは、ご訪問ありがとうございます😊

 

明日2018年2月1日は天しゃ一粒万倍日が重なる大々吉日です。

良き日になりますようお過ごしください。

 

f:id:mamesukeing:20180131142901j:plain

 

暦で吉日とされる一粒万倍日天しゃ天一天上選日に分類されます。

暦の日の吉凶の中でも選日はよく用いられ重視されます。今日はこの選日について簡単にご説明いたします。

 

選日とは

古くから言い伝えられている日の吉凶を判断するために使用された特殊な暦日です。

建築、引っ越し、婚礼などの生活に関わることが多く重要な事を良い結果とするために事前に日の吉凶を確認して何時行動すべきかを判断していました。

大切な行事に吉祥を願って縁起を担ぐことは今も昔も世界各国変わらない想いですね。

 

吉の日

☯ 一粒万倍日 ☯

一粒の籾も蒔けば万倍の籾生む稲になるという意味を持ち、これが僅かなものでも時が経てば増えて多くの数を生みだすという例えとなり「事始めに良い日」と言われます。

 

≪使い方≫

特に新規事の開始や金銭に関すること又は物の収納などに用いると良いとされます。

 

≪注意点≫

良くも悪くも増えるとされるということがこの日の特徴す。そのため物やお金を借りると後々その数が増えて戻ってくるとも言われますので増えて困るも事に用いてはいけません。

 

☯ 天しゃ ☯

『天赦』とも書きます。

暦の最上の大吉日と言われ、干支相乗、相克の中庸を得て天の恩恵を受けるので何の障害も起こらない日とされます。

 

≪使い方≫

特に婚礼に最大吉日と言われます。他に開店・新規事業の開発・発明・研究結果の発表に最良の日と言われます。

 

☯ 天一天上 ☯

天一神が天に帰られる癸巳から戊去るまでの16日間のことです。この期間は天一神の触りがなくなるため方角の禁忌が無くなるので旅行などに向く期間です。

天一神とは常に八方(東西南北とその四隅)を巡り人事の吉凶禍福を司り悪い方角を塞いで守る神様です。天一神が巡っている方角へ向かってのお産、談判、掛け合い事をすることは慎むべきとされます。

        ※二人以上が代わる代わる声などを掛け合うこと。交渉や談判演劇・演奏も含まれる

 

≪使い方≫

家の中をいつもより綺麗にさえしておけば何処へ行っても幸福な出来事に出会えると言われますので日頃より掃除を念入りにして旅行に行ったりお出かけしたりしましょう。 

 

凶の日

☯ 不成就日 ☯

文字が表す通り何をやってもうまくいかず悪い結果を招く日と言われます。古くから事を起こすのに用いてはならない日と言い伝えられます。

 

≪注意点≫

婚礼・開店・柱立て・新生児の命名・移転・造作・雇用・契約・相談事などは見合わせた方が賢明です。

また、この日急に思い立ったことを始めたり願い事をすることもやめましょう。

 

☯ 八せん ☯

「八専」とも書きます。農家の厄日の1つです。

 

年に6回ありこの期間は降雨が多いと言われます。

特に八せん2日目を「八専次郎」と言い雨が降ると霖雨(りんう)になると言われ農家の厄日の1つとされます。また、八せん入り日に雨が降ればその八せん中は晴れが多く入り日に晴れればその八せん中は降雨が多いと言われます。

 

八せんとは壬子から癸亥の日までの12日間のうち干支の五行が同じ五行に属する壬子(水+水)、甲寅(木+木)、乙卯(木+木)、丁巳(火+火)、己未(土+土)、庚申(金+金)、辛酉(金+金)、癸亥(水+水)の8日を言います。この間で同じ五行に属さない癸丑・丙辰・戊午・壬戌の4日は間日と呼ばれます。

同じ五行に属する日が8日あるので八せんと呼ばれます。

 

≪注意点≫

仏事や供養などの法事、破壊的な仕事の着手、嫁取りなどには適さない日とされます。

 

☯ 土用 ☯

土木工事などを始めたり壁を破ったりすると大凶だと古くから言い伝えられています。四季それぞれにあるため年に4回あり雑節の1つでもあります。

 

≪四季土用≫

春;4月17日ごろから立夏の前日まで

夏;7月20日ごろから8月立秋の前日まで

秋;10月20日ごろから11月立冬の前日まで

冬;1月17日ごろから2月立春の前日まで

 

土用が選日にも雑節にも含まれているのはそれだけ重要で注意が必要ということなのでしょう。

 

土用の間日 

土用の期間中であっても間日の日は障りがありませんので行いたいことがあるならば間日を使いましょう。

 

≪土用間日≫

春;巳・午・酉の日

夏;卯・辰・申の日

秋;未・酉・亥の日

冬;寅・卯・巳の日

  

☯ 三隣亡 ☯

三輪宝とも書きます。

この日に建築、特に普請始めや柱立て・棟上げなどをすると後日に火災を起こしその災禍は三隣(近所)を滅ぼす大凶日であるとされます。多くの人が忌み嫌う日です。

引っ越しするのも凶です。

 

 

≪三隣亡日≫

旧暦正月、4月、7月、10月は亥の日

旧暦2月、5月、8月、11月は寅の日、

旧暦3月、6月、9月、12月は午の日

 

 

☯ 三伏日 ☯

所伏・中伏・末伏の総称を呼びます。「伏」とは火気を恐れて身を伏せるという意味で旅行や婚礼などは避けた方が良いとれます。

 

☯ 十方ぐれ ☯

労多くして功少ないと言われる日で事を起こしても失敗を招く恐れがあり、婚礼や旅行にも向きません。

 

☯ 大つち・小つち ☯

建築・種まき・穴掘り・建墓など土を犯すと凶とされます。

 

 

 以上、簡単にご説明しました。

 

最後までお読みいただきありがとうございます🙏