思いのままに

暦に導かれ毎日を豊かに過ごしたい

2月3日節分:1年の穢れを祓って新たな季節(気)を迎えましょう

 こんにちは、ご訪問ありがとうございます😊

明日2月3日は節分ですね。

今日はその節分のお話です。

 

f:id:mamesukeing:20180202143925j:plain

節分



 👹1年の穢れを祓って新しい季節(気)を迎えましょう👹

 

節分とは

本来、節分とは春夏秋冬を区切る節の日のことを言い、立春・立夏・立秋・立冬の前日の総称です。

そのため年に4回ありますが日本では立春を1年の始まりとして特に大切にしたため節分と言えば立春前日のことを呼ぶようになりました。

なお、節分の日は旧暦を以て現在の暦に配されますのでその年で日が異なりますが概ね2月3日か4日です。

 

節分の由来

古くから季節の変わり目には邪気が生じると考えられていたため平安時代の宮中では鬼や災難を祓う厄除け行事の追儺(鬼やらい)が行われました。

平安時代には旧暦大晦日に宮中の年中行事として鬼祓いの儀式の追儺が行われていました。追儺は中国で行われていた行事がルーツで『論語』に記述があります。日本に伝わると天皇や親王が行う宮廷の年中行事となり室町時代以降に庶民に広まりました。追儺は12月晦日に行われ立春を新年としていたので節分は1年の穢れを祓い無病息災を願う風習となりました。

 

豆蒔き

豆は「魔目」とも「魔滅」とも表します。平安時代に鬼に向かって炒り豆を投げて追い払ったことから豆蒔きの風習が生まれたと言われます。

 

豆の準備

本来、豆の準備は節分前日から行います。前日に大豆を炒り一升升か三方に入れて神棚に上げます。これを「福豆」と言い節分当日に蒔きます。

もし大豆を前日に炒り忘れて当日の日暮れまでに必ず炒りましょう。若しくは炒ったものを買ってきましょう。

豆は必ず炒りましょう。

炒った豆を使う理由

もし豆蒔きの後拾い忘れてしまい生豆から芽が出てしまったら払った邪気が根付いてしまうため縁起が悪いと言われるため必ず炒った豆を使います。また、「炒る」が鬼を「射る」に通じるからとも言われます。

蒔き方

本来は節分の日の暗くなってから行います。玄関や家中の部屋の外に通じるドアや窓を開けて外唐は要ってくるであろう鬼の方を向いて「鬼は外、福は内」と2回ずつ繰り返しながら豆を蒔きます。蒔き終ったら窓やドアを閉めて福を逃がさないようにします。

暗くなってから行うのが本来のやり方ですが現在は昼にも行事として行いますし夜は寒く窓やドアを開けれない所もあるでしょうから、その場合は同じ方法で昼間に行いましょう。

その後、年の数だけ豆を食べますが厄年の人は年取り豆と言って年寄り1つ多くの豆を食べます。豆を食べることで鬼を退治したということになります。また豆にお湯を注いで福茶にして飲むこともあります。

なお、家庭でも様々な行事でも鬼役がいてその鬼へ向かって投げますが本来鬼は見えるものではありませんので鬼役はいなくても大丈夫です。そこにモヤっと浮遊している鬼(厄)の気配を仮定して行っても良いのです。

ですので、お父さんも一緒に豆を蒔いてみてはいかがでしょうか。

 

豆蒔き以外の鬼祓い

恵方巻🍣

恵方巻が有名になりましたね。関西発祥ということですが一般的になりました。恵方の方角を向いて黙って1本を切らずに食べる。「黙って食べる」がなかなか大変な時があります。

恵方とはその年の伏徳を司る神である歳徳神という神様がおられる方角です。

2018年の恵方は南南東ですが正確には南南東と南の間(南南東のやや右)です。

細かいですがどうせなら少しでも縁起を担いでいきましょう!

 

イワシの飾り🐟

鬼が家に侵入するのを防ぐために柊の小枝にイワシの頭を刺して戸口や門につるします。イワシの悪臭は鬼(厄)が嫌うと言われ、柊の刺は鬼を寄せ付けないと言われます。また、イワシを食べる所もあります。

 

寒さの真っただ中ですが春は目前です。

厄を祓い気持ちを新たに良い春を迎えましょう🌺

 

 最後までお読みいただきありがとうございます🙏