思いのままに

暦に導かれ毎日を豊かに過ごしたい

初午

こんにちは、ご訪問ありがとうございます😊

 

今日2018年2月7日は初午です。そして大つち、不成就日、一粒万倍日です。

いろいろありますが今日は初午のお話です。

 

 f:id:mamesukeing:20180206224926j:plain

初午

2月最初の午(うま)の日を言います。

この日に全国各地の稲荷神社で祭礼が行われ豊作・商売繁盛・開運・家内安全が祈願され稲荷神社はどこもとても賑わいます。旧暦初午の日は現在で言えば稲作を始める時期でしたので農耕の神様を祀るようになったそうです。

 

稲荷信仰

稲荷は「稲生り」のことと言われるように稲荷神社は元々穀物や農業・養蚕の神を祀る神社で御祭神は日本古来の神様の宇迦之御魂(うかのみたま)神です。この神様は稲の精霊を神格化した神とされ農業の神様です。

 

歴史

稲荷信仰の発祥地は伏見稲荷大社と言われ、今は各地にある稲荷神社の総本宮です。

伏見稲荷大社の歴史は古いです。創建は古く711年(和銅4年)の奈良時代。秦伊呂巨具(はたのいろこぐ)という方が稲荷神を鎮座したという記録に始まります。

奈良時代に信仰が始まり朝廷の尊崇を受けて貴族の間で信仰厚く平安初期には初午の日の稲荷詣が盛んに行われていた様子が当時の日記や物語に書かれています。

庶民の間には田の神様信仰と結びついて広まります。中世になると家業の繁栄を祈願し商売繁盛の守り神として各家に祀ることが流行して広まり現在では産業全体の神として信仰され誰もが知る神社系の1つです。

 

食べ物

稲荷神の使者といわれるキツネの好物の油揚げや初午団子を供えて食べます。

  

キツネと稲荷神

稲荷神社にキツネ付きものですが通説では神様のお使いです。中には神様そのものと思われている方もおられますがそれは違うと言われ、伏見稲荷大社のHPにはキツネが眷属となった経緯などが書かれています。面白いですので是非ご覧ください。

 

なお、諸説ありますがキツネが稲荷神のお使いと言われるようになったのは創建当初からではなく後に仏教と習合したことから生まれた民間信仰といわれます。

キツネ、と言えば平安時代に活躍した陰陽師の阿部清明のお母さんがキツネと噂されていたということが思い浮かびます。キツネはこの時代に不思議な力を持った動物と思われていたのかキツネと呼ばれた怪しい集団がいたのか、とても興味があります。秦氏が稲荷神社に深く関わっていることも興味を持ちます。

大きな神社の歴史を見ると通説ではあまり語られないことが多くあり面白いのです。

ご興味・お時間ありましたら是非ご覧くださいませ。神社への親近感が増します。

 

最後までお読みいただきありがとうございます🙏