思いのままに

暦に導かれ

建国記念の日

こんにちは、ご訪問ありがとうございます😊

 

建国記念の日は昭和41年(1966年)に「建国をしのび、国を愛する心を養う日」として法律で定められた国民の祝日です。

ちなみに「建国記念日」ではありませんので建国された日ではなく『建国を記念する日』です。

間違えやすいのですが「建国記念の日が何か説明して」と言われたとしたらどう答えましょうか。分からないと言う方も意外と多いのです。そんな方はこの機会に日本の歴史を見直してみませんか。

 

f:id:mamesukeing:20180210152547j:plain

建国記念の日

 この日は戦前まで四大節の1つの紀元節と呼ばれた祝祭日でした。

戦後GHQ統治下の1948年(昭和23年)に天皇家に関する祝祭日を無くしたいGHQによって廃止されましたが天皇家の行事という部分を除き国民の祝日とすることで1966年(昭和41年)に『建国を記念する日』として国民の祝日と制定されました。

御所では現在でも天皇家の私的な行事として天皇陛下が拝礼行われています。

四大節とは

四方拝(1月1日)・紀元節(2月11日)・天長節(4月29日)・明治節(11月3日)をまとめて四大節と言われ戦前は祝祭日、戦後は天皇家の私的な行事となりました。

ちなみに、明治節は文化の日として国民の祝日とされたことは前に述べました。建国記念の日と同じです。

 

紀元節とは

初代天皇の神武天皇が即位したとされる日です。

神武天皇の即位は『日本書紀』に大和の橿原宮で辛酉の年(紀元前660年)正月元日に行われたと書かれており、この年が皇紀元年です。

即位の時期が記録されているとは言っても当時の暦が不明なので現在の暦に換算できないとされます。明治時代に紀元節を制定する時には正確な日付を出すことができず審議会で話し合われたものの政府もずいぶん悩んだようで1872年(明治5年)に1月29日と定められましたが翌年に2月11日に変更されました。しかし、この日も根拠に乏しいという意見があるため現在は『記念の日』とされました。

 

歴史を知ることが大事

今でも何月何日に建国したかという議論があるそうですが、約2000年前のことですし、その時代の正確と思われる記録もないわけなので「この日が建国の日!」ということに重きを置くよりもこの時代にどのような経緯があって日本という国が成ったのかという方に重きを置きたいですね。

日本が成った経緯についても様々な説があり議論が活発です。そのそれぞれが興味深いですが今の所これという決定的な根拠はないようです。これからどのように議論が展開されるのかが楽しみです。

 

この機会に日本の歴史の勉強も

聞くところによると天皇家の初代天皇の名が言えない人は多いのだとか。

これは学生時代に世界史を選択していたか日本史を選択していたかに関わらず日本人の基本として知っておくべきことですので建国記念の日をきっかけに新たに学んでみるのも良いかもしれません。

英語を話したい方にもお勧めです。外国人に日本の歴史を話すと会話が弾みます(相手国による場合ありますが)。できれば古い時代の方が楽しいですね。親日派の外国人には誇るべき古い歴史があるのに自国の歴史に無関心な日本人を不思議がる人もいます。

知って損はありませんよ。知れば知るほど楽しくなりますしね😊

 

最後までお読みいただきありがとうございます🙏