思いのままに

暦に導かれ

雨水

こんにちは、ご訪問ありがとうございます😊

 

 今日は二十四節気の雨水です。

暦通り雨の地域が多そうですがまだ一部地域は雪になるところもあるようです。とは言っても雪が多かった所では雨でも雪解け水があふれて大変ですよね。

お気をつけください。

 

f:id:mamesukeing:20180218140749j:plain

雨水

雨水とは

雨水は二十四節季2番目の節気です。

次の節気の啓蟄の前日までは雨水の期間です。雪が雨に変わる頃です。

  

≪雨水≫

立春の15日後(新暦2月18日頃)

旧正月寅の月の中気

太陽黄経 330 度

  暦便覧;気雪散じて水と為る也

 

三寒四温

雨水は「雪が雨になり根雪が解けてせせらぎになる」という意味です。春めいた気候に変わり始める頃とされるように雪が雨となり雨水が草木の発芽を促し萌芽の兆しが見えてきます。

春一番が吹き春の訪れを感じる頃でもありますが三寒四温とも言うように寒かったり暖かかったりという気候が繰り返され思うようには暖かくなりらず本格的な春が待ち遠しい頃です。

 

農作業の準備開始

雪が雨に変わり暖かくなるので昔から農作業の準備をする目安の日とされていました。

 

本格的な春への期待

今年は全国的に雪が例年より多く降りましたので雪が多く降った地域では特に待ち遠しい雨水です。これから春の気配が濃くなるでしょう。

このまますんなりと春になってくれることを望む今日この頃ですが、春が来るぞ🌺と思っていても年によっては春になっても雪が降ることがあります。油断禁物です。

  

春に雪が降った日に起こった歴史的事件

春に雪が降った年に起こった歴史的事件は映像と相まって記憶に残ります。その中でも以下の2つが残ります。昔も春に雪が降る年もあったのですね。春に入ったからと言って油断は禁物ですね。

 

桜田門外の変

安政7年3月3日(新暦1860年3月24日)と言われます。

彦根藩主 井伊直弼が彦根藩邸から江戸城へ向かう途中の桜田門外で脱藩した水戸浪士総勢16名によって暗殺された。

彦根藩邸から桜田門まではとてもちかいです。なのになぜ暗殺されてしまったのか。

同行していた家来らは雪が降ったので刀の鞘を袋で覆い紐で縛っていた。それで反撃できなかったと言われ、そのため簡単に暗殺されてしまったという説があります。そうであれば雪さえ降らなければ、そう思った家来もいたでしょうね。

  

二・二六事件

1936年(新暦昭和11年2月26~29日)と言われます。

当時の日本陸軍皇道派の影響を受けた青年将校らが1483名の兵を率いて「昭和維新断行・尊皇討奸」を掲げて起こしたクーデター未遂事件。

 

  

最後までお読みいただきありがとうございます🙏