思いのままに

暦に導かれ

上巳の節句

こんにちは、ご訪問ありがとうございます😊

今日3月3日は上巳の節句です。

雛祭りというのが一般的ですが節句名は上巳の節句と言います。桃の節句とも言いますね🍑🍑

 

f:id:mamesukeing:20180302153019j:plain

 

 上巳の節句(じょうしのせっく)

 江戸時代に定められた五節句の1つで、女の子の成長を祝う節句として定着しました。この頃に桃が咲くため桃の節句とも呼ばれます。

 

五節句

1年の中の区切りとなる日を節句と呼びます。中国の陰陽五行説に由来し日本でも定着し伝統的な年中行事は節目の日となりました。季節の変わり目は災いをもたらす邪気が入りやすい忌日(不浄・邪気・穢れなどが襲ってくる日)とされていたため穢れを祓う行事が行われてきました。

その中でも特に縁起が良いとされる奇数が重なる日が5つありこれらをまとめて五節句と呼びます。五節句は 江戸時代に幕府によりお祝いの日として公に定められ次第に庶民へも広がりました。明治時代に廃止されたのですが既に生活の中に定着していたで現在もその行事が受け継がれています。 

≪五節句≫

1月7日             人日の節句(七草の節句)

3月3日             上巳の節句(雛祭り)

5月5日             端午の節句(子供の日)

7月7日             七夕の節句(たなばた祭)

9月9日             重陽の節句(菊の節句)

 

 上巳の節句の起源

上巳とは元々3月最初の巳の日のことです。上巳の節句は古代中国の上巳節に由来すると言われ元々は女の子に限ったものではなく皆で春を祝い無病息災を願う厄祓いの行事でした。

 

水に流して穢れを祓う

上巳の頃は季節が大きく変わり災いをもたらす邪気が入りやすい忌日(不浄・邪気・穢れなどが襲ってくる日)のため水辺で穢れを祓う習慣が古代中国にありました。これが日本にも伝わり宮中行事の「上巳の祓い」となり曲水の宴や禊の神事と結びついて紙や草で人形を作りそれで体を撫でて穢れを移し川や海へ流すようになりました。これが「流し雛」となりました。今でも一部地域では行われています。環境問題などで実施するのが難しくなってきた近年。ちょっと寂しいですね。

 

雛飾り

起源

雛祭りは平安時代の貴族の女子が人形で遊ぶおままごとのような「ひいな遊び」と流し雛が合わさって生まれたと言われます。それが男女一対の「ひな人形」に厄を移し子どもの幸せと健やかな成長を願うようになります。室町時代には男児は端午の節句、女児は上巳の節句を祝うとされ江戸時代には五節句に定められたこともあり次第に庶民に普及します。女の子の祝い儀式としてお人形を飾る習慣は江戸時代に定着したとされます。

 

大奥の影響

大奥では盛大に上巳の節句が行われましたが飾られた一部の雛人形は大奥の奥女中の親戚などに限って大奥に入り見物することが許されました。見物が許された雛人形は出世した身分の高い老女のものだっということですのでさぞ立派なものだったでしょう。それを見て「我が家でも」と思った家々が「我が家でも」と飾って次第に庶民へと広がっていったのではないでしょうか。

大奥で見聞きしたことは口外してはならないという決まりがありましたが真似してはいけないとは聞きません😊

 

雛飾りの意味

婚礼を表現しています。1段目の男雛女雛は内裏雛や親王雛と呼ばれ天皇皇后の姿を模し、その下の2段目は婚礼の三々九度の世話をする三人官女、さらにその下の3段目は笛や太鼓のお囃子でお祝いする五人囃子やお供の随身を模し、一番下の段には華やかな嫁入り道具が揃い幸せな婚礼を象徴しています。

 

男雛は右側か左側か?

古来、陰陽道では男はでありに位置するという考えがあったため古来は左に男雛、右に女雛(向かって右に男雛、左に女雛)を飾るのが通常でした。

明治維新後、文明開化で西洋文化が入ってくると西洋に倣い大正天皇の即位式では大正天皇が右側(向かって左)に立たれた影響でにより、特に関東方面で雛飾りも右側(向かって左)に男雛、左側(向かって右に)に女雛を飾るようになり全国に普及しきました。

当時のままの形式で飾る地域もありますが時代で変わるのですねぇ🎎 

 

いつ飾る?

雛人形を前日に飾る一夜飾りは縁起が悪いと言われます。大凡2週前から飾ることが多いようです。

片付けは翌日にはした方が良いと言われるのはご存知の通りです。いつまでも出しておくと婚期が遅れるといいますが、これは厄を移した人形をいつまでも飾っておくのは縁起が悪いということなのですが片付けが出来ない娘は良いお嫁さんになれないという戒めでもあります。

 

食べ物

草餅

昔は『草餅の節句』とも言われたくらい欠かせないものでした。使われるヨモギには薬草で邪気を払う効果があるとされるので厄除けのため大事ですね。

菱餅

菱形は柳に襲われそうになった娘を菱の実で退治して救ったというインド仏典の説話に由来するのだそうです。色付けの3色は赤が魔除け、白が清浄、緑が邪気払いです。

  雛あられ

関東と関西で違います。どちらが本当かは考えずどちらも戴きたいですね。

  関西

餅から作った甘くない醤油や塩味で味付けしてあうもので、いわゆる「あられ」です。他にもあるでしょうか。

 関東

餅や豆などに砂糖を絡めて炒ったものなのですが炒った時の爆(は)ぜ具合でその年の吉凶を昔はっていたそうです。よく爆ぜれば吉。あまり爆ぜなければ凶なのだそうですが家で作らないので占いはできません。爆(は)ぜ具合が良いものを買います。

ハマグリのお吸い物

雛祭りのお吸い物にハマグリを入れるのは神棚に備えた貝類を後でお下がりとして食べて祝った名残りと言われます。蛤は二枚貝ですが二枚貝は対の貝殻しか絶対に合わないことから貞操の象徴とされよい結婚相手と結ばれて幸せになれるようにとの願いが込められています。

  甘酒

歴史は新しいようで雛祭に飲まれるようになったのは江戸時代後期のようです。

 

これらの他に彩が華やかなちらし寿司もおめでたく、女の子の行事らしくよく作られますがあまり伝統にこだわらず家庭で工夫してお子さんの好きなものを揃える所も多いです。

 

まだまだ寒さが残りますが、雛人形を飾ったり雛祭の催しを見ると春を感じ楽しくなるのは何故でしょう。

関係なくても楽しんでほしいイベントの1つです🎎

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます🙏