思いのままに

暦に導かれ毎日を豊かに過ごしたい

春分の日は彼岸の中日

こんにちは、ご訪問ありがとうございます😊

今日は二十四節気の春分です。

そして国民の祝日の春分の日そして先日お話しました彼岸の中日です。毎年、春分にはこれら3つがセットです。

 

春分

二十四節気の4番目の節気です。次の節気の清明の前日までは春分の期間です。

春分は本格的な春の気候となり春の始まりとされ古来より祭儀が行われていた重要な日のために国民の祝日となっています。

ご存知の通り、春分は太陽の中心が春分点を通過する日で昼と夜の長さがほぼ同じとなり、この日から昼の長さが徐々に長くなります。

 

国民の祝日 春分の日

戦前は皇室行事の1つ春季皇霊祭と呼ばれていました。戦後に多くの皇室行事が国民の祝日から外されましたが春分は古来より重要な日だったため国民の祝日として残り「自然をたたえ、生物をいつくしむ」春分の日となりました。

 

春季皇霊祭

古来より春分に天皇陛下自らが執り行われる祭儀で歴代天皇、皇后、皇族方の御霊をお祀りします。現在も宮中で変わりなく皇室祭祀として天皇陛下が行われています。

 

春分

啓蟄の約15日後(新暦3月21日頃)

旧二月卯の月の中気

太陽黄経 0 度

暦便覧;日天の中を行て昼夜等分の時也

 

f:id:mamesukeing:20180320140342j:plain

春分の日に彼岸のお墓参りが多い訳

春分を挟んだ前後7日間がお彼岸の期間ですので当然のことながら春分が真中の日、つまり彼岸の中日です。国民の祝日でもある日なので仕事がお休みの方が多いです。そのためお墓参りに行かれる方が多くなります。

 なお、春分は真西に太陽が沈みます。古来、西はあの世の方角なのであの世に近くなると考えていました。そのため、よりご先祖様に近くなると考え春分にお墓参りするのです。ちなみに、お墓参りの時間は夕方が良いとも言われます。

 

寒の戻り

春と言っても気候はまだ安定していないため、花冷え寒の戻りがあると言って気温の変化に注意を促します。今年はさらに寒い日となりそうです。お気をつけ下さい。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます🙏