思いのままに

暦に導かれ毎日を豊かに過ごしたい

十三参り~虚空蔵菩薩様に参り知恵を授かる行事

 

こんにちは、ご訪問ありがとうございます😊

 今日は虚空蔵菩薩様を祀る多くのお寺で十三参りの行事が行われます。

十三参りは関東方面ではあまり馴染みがない行事のようですが関西では古くから親しまれている成人儀礼の1つです。

 十三参りのお寺で有名なのは京都の法輪寺、奈良の弘仁時、東京の浅草寺などです。

  

十三参り

十三参りとは

旧暦3月13日に数えの13歳になった子らが虚空蔵菩薩様を祀るお寺に参詣し福徳や知恵を授けて戴くことを祈願する行事です。現在は旧暦3月13日前後とし主に新暦4月13日に行われることが多いようです。

福徳や知恵を授ける霊力があるとされる虚空蔵菩薩様に祈願するため「知恵もらい」とも言います。 

f:id:mamesukeing:20180412220557j:plain

 

由来

平安時代の清和天皇が数え13歳の時に成人の証として京都にある法輪寺で勅願法要を催したことを始まりとされ数え13歳に虚空蔵菩薩に参拝して智恵を授けていただくよう祈願する成人儀礼として定着しました。

江戸時代には男子が大人になるための元服の儀式が通常数えの15歳に行われますがその2年前の数え13歳に半元服という元服の簡易的な儀式を行う地域があり13歳は大人になる前の重要な年と見ていたようです。また女子は大人になるための裳着の儀や髪上げを数えの12~16歳に行います。

これらの他に成人になるための行事として行われたのが十三参りです。ここまで成長したことへ感謝するとともに知恵と福徳を授かるために虚空蔵菩薩にお参りします。特に女子は体が大人へと成長する時期でもあり体調の変化も大きい時期であり初めての厄年にもなるため厄払いをするという意味もあるそうです。 

 

13歳が節目の年なのは何故?

数えの13歳は生後12年目となり初めて干支が巡る年男・年女となる年で大人となる手前の年なので大人に成長するため相応の知性をもつべき年とされていたのです。

 現在でも13歳は人生の大きな節目とされ十三まいりしで立派な大人になるための智恵を授けていただき幸福な人生を送れるようにと祈願します。 

 

弘法大師様の影響

十三参りは虚空蔵菩薩のあるお寺に参拝するのが一般的です。ここに影響を及ぼしたと言われるのが弘法大師様で19歳の時に「虚空蔵求聞持法(こくうぞうぐもんじほう)」という真言を100万回唱える修行を終えた後、飛躍的に記憶力が増したと言われることから広まったとも言われます。

100万回唱えるって想像がつかない😲

 

 

現在の13歳は環境の変化や社会の多様性で何かと悩みの多い年頃です。現代の世の中だからこそ必要かもしれません。精神の安寧を保つためにお参りするのも良いのではないでしょうか。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます🙏